ザ・ペニンシュラ香港のレストラン

ホテル内には全部で9つレストランがありますが、おすすめのものを紹介しますね。

ザ・ロビー

アフタヌーンティーには長い待ち時間

格式高いザ・ロビーの家具は全部香港製

伝統的なアフタヌーンティーと生演奏を楽しめる「香港のアフタヌーンティーの定番」。予約はできない(宿泊ゲストは優先的に案内されます)ので、気長に待つ覚悟で気合いを入れて行きましょう。三段重ねのお皿がのるティースタンドや紅茶が入っているティーポットは全てティファニー! 1日に700個焼いている秘伝のスコーンのレシピは50年前から変わっていません。

<DATA>
The Lobby
営業時間:朝食7:00~11:00、ランチ11:00~14:30、アフタヌーンティー14:00~18:00、ディナー18:30~22:30、ドリンク10:00~23:30
金・土曜のみディナー18:30~23:30、ドリンク19:00~翌00:30

 

スプリング・ムーン

特別メニューは8種類のお料理のコース

広東料理を楽しめる

1998年に、ホテル開業70周年を記念してリニューアルしたレストランはペニンシュラがオープンした1928年の香港を再現。中国茶も充実しており、約25種類のお茶を味わうことができます。

<DATA>
■Spring Moon
営業時間:ランチ11:30~14:30(月~土曜)、11:00~14:30(日曜・祝)、ディナー18:00~22:30

 

チェサ

スイスシャレーのインテリア

スイスワインにもトライしてみたい

1965年にオープンしたスイス料理のレストラン。店内はスイスのシャレーにいるような気分になります。おすすめはもちろんチーズフォンデュー。

<DATA>
■Chesa
営業時間:ランチ12:00~14:30、ディナー18:30~22:30 
 

ガディス

レストランまでは旧式エレベーターで

ディナーの予算は1200香港ドル以上

1953年に香港で一番最初にオープンしたフランス料理のレストラン。レストラン名は、戦後ホテルを改装した時の総支配人レオ・ガディ氏に由来。総支配人の名前をレストラン名にするというのは、ザ・ペニンシュラホテルズグループではよくあることのようです。

シャンデリアの輝きの中、本格的なフレンチはちょっとハイソすぎて……という女性に、ガイドのおすすめは平日のみのレディースランチ。お値段も328香港ドル(10%サービス料別)と良心的です! ディナータイムには生演奏もありフォーマル度がアップするので、ドレスアップしていきましょう。

<DATA>
■Gaddi’s
営業時間:ランチ12:00~14:30、ディナー19:00~22:30
ドレスコード: ディナー時、男性はジャケットの着用が必要です。