過失割合で見ると「相手が70:自分が30」といったケース。確かに自分にも非がありますが、まさか自分のほうの支払い金額が多くなってしまうなんて!? 車に乗る人なら他人事ではない、事故のケースについて解説します。

実際にあった、ありえない事故のケース

AさんとBさんが交差点で衝突!undefined幸いケガは軽傷だったものの、お互いの車が原因で大変なことに……

AさんとBさんが交差点で衝突! 幸いケガは軽傷だったものの、お互いの車が原因で大変なことに……

【事故のケース1】
Aさんが車で住宅街の十字路に進入したところ、Bさんが運転する車もほぼ同時に進入。お互いの車が接触する事故が発生しました。
幸いケガは軽かったものの、双方のバンパー、ドア、ミラー、ドアガラスなどが、同じぐらい破損しました。
保険会社の調査の結果Aさんが30%、Bさんが70%とする過失割合が決定しました。
Aさんは過失相殺分があるものの、Bさん側から保険金が受け取れるものと思っていたのですが、実際はその逆。Aさんの保険からBさんに対して支払いをする必要があったのです。

Aさんは一般的な国産車、Bさんは高級輸入車

実はAさんが乗っていたのは時価200万円の一般的な国産車、Bさんが乗っていたのは800万円の高級輸入車でした。Aさんの車の修理費は40万円でしたが、Bさんの車は100万円の損害額が決定しています。これを双方の過失割合から計算すると…

Aさんの支払い
Aさんの過失30%×Bさんの損害額100万円=30万円

Bさんの支払い
Bさんの過失70%×Aさんの損害額40万円=28万円

となり、Aさんは過失割合が低いのに、Bさんへ差し引き2万円を支払う必要があるのです! 

次のページでさらに大変な事故のケースが!!