重要スポットが密集するブルージュの発祥の地、
ブルグ広場と聖血礼拝堂

ブルゴーニュ公女マリーの金の像が出迎える聖血礼拝堂

ブルゴーニュ公女マリーの金の像が出迎える聖血礼拝堂

ブルグ広場で一番の存在感を誇る市庁舎

ブルグ広場で一番の存在感を誇る市庁舎

町のおヘソ・マルクト広場から、東に伸びるブレイデル通り(Breidelstr)を、お土産屋さんをひやかしつつ100メートルほど歩けば見えてくるのがブルグ広場。広さこそマルクト広場に少々負けるけれど、歴史的な重要度で言えば勝るとも劣らない重要スポットなのです。

町の起源ともされる9世紀頃に、ノルマン人の襲撃に備えて城壁が作られた、言わば“ブルージュの発祥の地”。広場の名前の元となる「ブルグ」と呼ばれた初代フランドル伯の城もここにありました。市庁舎、聖血礼拝堂、旧古文書館と、重要な施設が所狭しと隣り合い、それぞれにゴシック、バロック、ルネサンスと様々な建築様式を誇示し、異なる時代の建造物を一挙に鑑賞できるのも興味深いところです。

特に1375年に建立のゴシック様式の市庁舎は、ネーデルランドで最も古い市庁舎のひとつ。2階には12の要石を持つ壮麗なアーチ型天井で名高いゴシック様式の長老会堂も。白いファサードにはブルージュにまつわる歴史的人物などの彫像が。おかっぱ頭のカール5世をはじめ、かなり特徴をつかんでいるので、歴史オタクには誰が誰だかわかるかもしれません。

 

フランスに対する勝利に酔うカール5世の像

フランスに対する勝利に酔うカール5世の像

市庁舎とブリンデ・エーデルの小路(Bl-Ezelstr)を挟んで隣り合うのがフレミッシュ(フランダース地方)・ルネサンス様式の旧古文書館。頂上には堂々と剣と秤を手に立つ金の女神像があります。数年前に修復されたため、外観が眩しいほどに白く輝いています。ちょっと粉をはたき過ぎた厚化粧感もなきにしもあらずですが、16世紀に建設された当時を再現しているということで、きっと建設当時もまぶしく輝いていたのでしょう。館内にはオーク材や大理石を使用した豪華な「カール5世の暖炉」が。カール5世の栄誉を称え、1526年頃に作られたものです。

 

キリストが流した聖血が奉られる

さらに忘れてはならないブルグ広場の最重要見学スポットといえば、市庁舎の右隣に位置する聖血礼拝堂。入り口がふたつの二重構造になっていることにご注意ください。ここは12世紀に、フランドル伯爵ティエリー・ダルダスが、第2回十字軍遠征の際にエルサレムから持ち帰ったとされるキリストが流した聖血が奉られていることで世界的に有名です。

復活祭から40日後の昇天祭に行われる「聖血の行列」は、ブルージュ最大の伝統行事。市民はこの礼拝堂に奉られている聖血とともに、旧約聖書をテーマにした衣装に身を包んで、毎年厳かに町中を練り歩くのです。この有り難い聖血の遺物は、ふだんは毎週金曜日しかご開帳されません。他にも併設の博物館内には、聖遺物箱や礼拝用の衣装など、数々のお宝を展示。さらに礼拝堂の地下部分には、12世紀に建築の聖バジリウスを奉ったロマネスク様式の教会があります。

<DATA>
Heilig-Bloed Basiliek(聖血礼拝堂)
住所:Burg 13
開館時間:4月~9月毎日9:30~12:00/14:00~18:00
10月~3月毎日10:00~12:00/14:00~16:00(水曜午後休み)
また一部祝日は閉館
入場料:1,50ユーロ、学生1ユーロ、12才以下無料
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。