自分の生活道具を丸ごとトラックに詰め込んで、新しい場所へと運んでくれる引越し。新しい生活への期待が膨らむ一方、何かトラブルに巻き込まれそうな不安も。
もしトラブルが起きるとしたら、それは一体どんなものなのでしょう。オールアバウト読者139名に引越しの失敗談を聞いてみました。まずは5位から順にご紹介いたします。!

第5位「荷物の紛失」

    引越し、ダンボール

    開けてびっくり段ボール箱!?

  • 引越し先ですぐ使うものをいろいろな箱に分けて入れていたため、探すのにとても苦労しました(40代/女性)
  • 家具の細かいパーツを紛失した(30代/女性)
  • 引越し後3日間、器が見つからず紙皿で食事することになった(40代/女性)
  • どのダンボールに入れたか分からなくなった(30代/女性)

第4位「荷物や建具の破損」

  • 業者さんが不慣れだったのか、家をキズをつけられてしまいましたが、何のお詫びもなかったです。 業者さんに全ておまかせするコースだったけど、もう少しきちんと監視しとけばよかった……(30代/女性)
  • 食器の詰め方が悪くて、何枚か割れてしまった(40代/女性)
  • 大きな家具を運ぶ際、床と壁をキズをつけてしまい、修理代を敷金から引かれてしまった(30代/女性)
  • 丁寧に何重にも梱包しすぎて、荷解きする際に落として破損してしまった(50代以上/女性)
  • 引越しの業者の作業がとても雑で、電気製品やポットなど壊されたり、破損されたりして、とても嫌な思いをしました。そこの業者は絶対利用しません!(30代/女性)

割れ物は詰め方には特に注意が必要です。荷物を新聞紙でくるむだけでなく、箱の中で荷物同士がぶつかり合わないよう、隙間に詰め物をしておく必要があります。また荷物以外にもドア、壁、エレベータなどがキズつかないよう保護(養生)することも忘れずにしましょう。

引越しは荷物だけでなく建物も守りたい!

続いては「第3位から」! >>