引越しの際は、荷物そのものの損失だけでなく、建物の破損やキズも気になります。たいていの引越し業者は、見積りの際に申告をしなくても、家屋がキズつかないように養生(ようじょう)を行ってくれます。しかし中には、養生も行わず搬入、搬出を行う業者もあるとの話も。不安に感じる場合は、見積りのときに確認しておくといいかもしれません。当日養生もなしに搬出、搬入することは避けたいものです。

こんな箇所には養生が必要

引越しは荷物の損失に加え、壁やドアや建物にキズがつかないようにしたい。集合住宅の場合、共用部分にも注意。管理人さんや管理組合から原状回復を求められることも。養生はきちんと行いたい。

養生は怠りなく! 集合住宅の場合、共用部分のキズは、管理人さんや管理組合から原状回復を求められることも

エントランス、玄関
エントランスや玄関は、荷物が部屋へ運び込まれる前に、重い荷物が一旦降ろされることが多い場所。しかも段差があります。専用のパネルやマットを敷いて保護してもらいましょう。養生がなければ、玄関土間のタイルや石が割れたり、段差の角が擦れて破損したりする可能性があります。集合住宅の場合は、搬入口として利用するエントランスはもちろん、搬入口となる廊下、エレベーターなどの共用部分は、管理会社から養生すべき箇所が指定されている場合があります。あらかじめ管理人さんに確認をしておきましょう。

壁や柱
壁や柱は、荷物が擦れたり、角にぶつかってキズついたり、汚れが付着したりすることがあります。特に廊下の幅が狭い場合は注意が必要です。壁にはパネルやダンボール紙を、柱などのぶつかりやすいところはキルティングなどで養生をしてもらうといいでしょう。


フローリングは、キズがつきやすいため、ダンボール紙などを敷いて養生が行われます。

階段
階段は段差があるうえ、途中で曲がっていたりすることもあり、荷物が壁や床にぶつかってしまうことも。階段の壁や床にもに保護パネルやシートがあれば安心です。

エレベーター
荷物が扉やエレベーターの内部でぶつかって、キズがついたり、へこんだりしてしまうこともあります。ここにも養生が必要です。