ウィンザーノットは英国式スタイルに合うネクタイの結び方

大きめのノットが結べる「ウィンザーノット」。元英国皇太子エドワード八世を意味する「ウィンザー公」の名を拝借しています。正統派の英国式スタイルに合わせ、ワイドカラーやカッタウェイなど襟羽根の開きが大きめのシャツに合わせるのに最適です。

手順1

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順1


大剣側の分量を多めに使うので、小剣側を短めにしてタイを首に掛けます。

手順2

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順2


大剣を小剣の上から重ねたら、首もとのループに下から上に引き出します。

手順3

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順3


ここで大剣をキュッと引いて小さく結び目を作ります。大剣にあまりシワが寄らないように注意します。

手順4

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順4


小剣裏側に大剣を回します。

手順5

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順5


大剣を首もとのループに上から通して、下に引き抜きます。

手順6

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順6


大剣をキュッと引いて、三角形の結び目を作ります。大剣を小剣に2回巻きつけた状態ですね。ここで出来上がったオニギリのような部分ができるだけコンパクトで美しい三角形になるように注意します。

手順7

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順7


大剣を前から反対側に回して……。

手順8

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順8


首もとのループに下から上へ引き抜きます。

手順9

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

手順9


フロントにできた大剣のループに上から下へ引き抜きます。

ウィンザーノットの完成!

ネクタイ,結び方,ウィンザーノット

完成形


形を整えて完成です。ディンプルを入れて、ノットが直角二等辺三角形になったら上手に結べています。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。