着物との付き合い方のヒントが得られたトークイベント

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

それぞれの、着物や和文化との付き合い方が垣間見られたトークイベント

着物をはじめ、現代での「和」の様々な楽しみ方をテーマに開催されたトークイベント「Real clothes KIMONO ~現代のきもの」。PASS THE BATON代表の遠山正道氏が司会を務め、ゲストには着物スタイリストの如月まみさんアーティストの村上周氏が登場。三者三様の個性あふれる着物の着こなしは必見です!

現代のアイテムをMIXした、個性的な着物の着こなし

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

「作家」というイメージからコーディネートを考えていったと話す遠山氏

司会の遠山氏は、みうらじゅんさんが出品したデニムの浴衣をセレクト。「明治・大正時代の作家の着こなしがイメージ」というコーディネートは、現代的なアイテムがMIXされた個性的な組み合わせ!帯代わりに使っているのは、インディゴによく似合う赤の旅行鞄バンド。そしてコム デ ギャルソンのハットに、足元は「和食器の漆をイメージした」というエナメルシューズを合わせています。

しきたりにこだわらず、インスピレーションから手持ちのアイテムと組み合わせていくコーディネートは、日常に着物を取り入れる参考になりそう。

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

スヌードは、ネクタイを中心に展開するブランド「giraffe」のもの

「作家が着物の下にタートルネックのニットを着ているイメージで」と選んだのは、giraffeのスヌード。長くたらしたブラックのタイがユニーク!

 

次のページでは、アンティーク着物をリメイクしたゲストの着こなしをチェック!