知的な遊び心のある着物の着こなし

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

色無地は、合わせ方次第で格式高い場所にも街着としても着られる、幅の広い着物

着物スタイリストの如月まみさんは、「新年の慶びの余韻を残したコーディネート」で。竹の地紋入りの、爽やかなブルーの色無地をセレクトしました。他の出演者との調和を考え、色から始めたコーディネートだそう。おもてなしを大事にする日本人らしい、周囲の調和を考えた着こなしです。

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

着物を羽織りに仕立て直したり、着物を帯に仕立て直したり。手を加えながら長い時間楽しめるのも和装の魅力

帯は、リサイクルショップで見つけた羽織を帯に仕立て直したもの。村上氏が作るペイントアートを意識したセレクトです。また、その柄が「松」をデフォルメしていて、着物の地紋の「竹」と組み合わせることで、おめでたい印象を与える着こなしに。


 

スタイリストとアーティストが提案する、着物の楽しみ方

刺繍入りの半襟で、顔周りも華やかに

頭に飾った珊瑚のかんざしは、縁起物である南天の実のイメージ。その場にいる人や、時期を意識して1点1点を組み合わせる和の着こなしは、大人が夢中になれる「知的な遊び」と言えそうです。

 

【最新記事】

■女優も注目!上海で人気を集めるジャパンブランド


■頭と足元で差がつく!冬のストリートスナップ

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。