袴は、実はセルフでも簡単につけられます!

卒業式に袴を履いて出席したい!という人も多いと思います。今は、レンタルの人も多くヘアや着付けもセットでという人がほとんどですが、実は自分で簡単に着付けられます。そこで、今回は女袴の着付け方をご紹介します。

レンタルの人も、自分がどんな風に袴を履いているのかをザッと見てみて下さい。どうなっているのかが分かれば、例えば万が一着崩れ時に、必ず役に立つはずです。万が一の時には「これを知っていれば怖くない 卒業式袴レスキュー!」を参照!

女袴をつけるポイントは

女袴をつける場合は、普段とは違う着物の着方をします(参照:「着物の着方」)。
 
女袴

裾は短くする

特に裾は床上20cmほどになるように短くし、袴の長さを見て、帯の上側が1~2cm出る高さに帯がくるように伊達締めをし帯を巻く。衿合わせは少し深めにして半衿は1~1.5cm出し、衣紋は指3~4本ほど抜く。
 
女袴

文庫の羽根は身幅より狭くする

帯は、文庫を小さめに結ぶ(参照:「文庫の結び方」)。袴をつけた時に土台になるので、しっかりと結んでおく。袴をつけても脇からおはしょりが見えるので、袴をつける前におはしょりを確認し、胸元、帯の位置を整えること。







 

女袴の着付け方

 
女袴

袴の長さと帯の位置に注意

 1.袴の前紐を帯が1~2cmくらい見えるように当てる。
 
女袴

帯にしっかりからませる

2.前紐を後ろにまわし、帯結びの上で交差させ、押さえるようにして引き締め、紐を前にまわす。
 
女袴

引き締めながら

3.前紐は右脇で左紐を上にして交差させる。
 
女袴

紐がねじらないように

4.下側の紐を折り上げ、左紐の上に重ねながら後ろにまわす。
 
女袴

解けてこないようにしっかりと結んでおく

5.紐は帯結びの下でしっかりと結び、長い場合は紐の端をはさんでおく。結び目を内側に返しておくと解けにくい。
 
女袴

背中にぴったりとつける

6.後紐の上側を背中に当て、下側は帯結びの上にのせるようにして紐を前にまわす。
 
女袴

結び目は左右どちらでもかまわない

7.右脇で右紐を上にして交差させ、下から上に前紐の下を通してひと結びする。
 
女袴

紐の長さのバランスを見て

8.上になっている紐で輪を作る。
 
女袴

結び目が緩まないように注意

9.下になっている紐で輪を巻きこむようにして双輪(もろわ・ちょうちょ結び)にする
 
女袴

紐は下に流す

10.左右の輪を同じに整え、残りの紐は下に流す。









 
女袴

袴は足の甲よりやや上の長さに

11.出来上がり。
 
女袴

後ろ上がりに仕上げる

側面から見て、後ろ(背中)上がりに見えるように仕上げるのがコツ。
 

袴姿の印象は履物をどう選ぶかで決まる

袴を着ける時は基本的には他の和装姿と同じく草履を履きますが、最近はブーツを合わせる方も多いようです。和装である袴にあえてブーツを合わせるというのは、女性が活動するために実用性を考慮して用いられるようになったという歴史を持つ袴ならではコーディネートですよね。

和装姿を完成させる為には、小物使いがとても需要であることはご存知の方も多いはず。この履物という小物をどう選ぶのかによって、印象にかなりの差が出てくるため、どちらを選ぼうかお悩みの方もいるのではないでしょうか。

袴ブーツ

ブーツを合わせるとカジュアルな印象に

選ぶ時のコツとしては、草履を合わせると比較的あらたまったイメージ、ブーツの場合には少しカジュアルで個性的な印象になるので、着物の柄が比較的オーソドックスな無地などの場合には草履を、ストライプや花柄等の大きな柄がある場合には、ブーツを合わせるとイメージがまとまりやすいと思います。

また、草履を合わせる場合には長めにブーツを合わせる場合には短めなものをというように、履物によって袴の丈(長さ)を意識して選ぶと、全体のバランスがよく見えますよ。

【関連記事】


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。