半幅帯とは?

半幅帯は、普通の帯地の幅を半分に折り芯を入れて仕立てたもので、浴衣はもちろん、着物でも比較的カジュアルな普段着や外出着等に幅広く用いられています。

文庫結びについて

文庫結びは、半幅帯の結び方の中で一番ポピュラーで、基本的な結び方です。
これを一つ覚えれば羽根を長くしたり短くしたりまた2枚にしたりと、色々なアレンジが可能ですので、まずは基本の結び方をしっかり覚えて、帯の色や素材によって自分なりのアレンジを考えてみて下さい。

文庫結びの結び方手順

厚手の帯は手を長めに取っておく

厚手の帯は手を長めに取っておく

1:帯幅の3倍分くらいを半分に折る(=帯の「手」になる)。

そして、伊達締めの前中央上に「輪」が外側にくるように当てる。手先を右肩にあずけ、1巻きする。

半幅帯の場合は、名古屋帯のように、「手」と「たれ」がハッキリしていないものが多いので、柄の出具合によって自分で手とたれを決めてもOK(参照:「帯の名称」)。

 

一巻きごとにしっかり締めていく

一巻きごとにしっかり締めていく

2:帯を胴に2巻きする。

 

帯幅を細くすると結びやすい

帯幅を細くすると結びやすい

3:2巻き目の帯幅を前中央で二つに折り脇から斜めに折り上げる。

 

帯の流れをよく見ながら

帯の流れをよく見ながら

4:手の帯幅を二つ折りにして、(この時、輪が左側にくるように)手をたれの上に重ねる。

 

結ぶ時は横に引く

結ぶ時は横に引く

5.手を下からくぐらせて引き出し、しっかりと結ぶ。

 

たれは根元を右側へ

たれは根元を右側へ

6:手先を左肩にあずけて、たれの帯幅をいっぱいに広げ羽根を作る。

 

帯の長さによってバランス良く羽根を作る 

帯の長さによってバランス良く羽根を作る

7:羽根の長さは帯幅の2.5~3倍を目安に取って、すのこだたみにする。

 

羽根は結び目の上にのせる

羽根は結び目の上にのせる

8:たたんだ羽根の中央に表ひだを取って、結び目の上に乗せる。


 

ひだは丁寧に折ること

ひだは丁寧に折ること

※補足
表ひだとは、帯幅の真ん中で一つ山を作り、両側を折り上げるひだ。 真ん中の山を少し高めにすると、バランスが良くなる。

 

残りの手先を入れることによって土台になる

残りの手先を入れることによって土台になる

9:左肩にあずけておいた手を下ろして、ひだの中央を巻き込むようにして一巻きして引き締める。

しっかり締めたら、2巻き目も引き締めながら、残りの手先をたたんで、胴に巻いた帯の中へ入れる。

 

羽根を対角線に引っ張る

羽根を対角線に引っ張る

10:羽根を対角線に引っ張って、長さ、ひだなどを整える。

 

羽根は片方ずつ下ろす

羽根は片方ずつ下ろす

11:羽根を下に向けて下ろし、文庫の形を整える。

 

せっかく整えた羽根を壊さないように

せっかく整えた羽根を壊さないように

12.できたら後ろへ回す。右手で前中心を持ち、左で後ろの文庫の中心を持って右回りに180度回転させる。

180度が無理の人は、2回に分けて(90度ずつ)も良いので、せっかく作った文庫をくずさないように注意。

 

羽根に立体感を出す

羽根に立体感を出す

13.再度羽根を整えて出来上がり。

 

文庫をキレイに見せるコツ

文庫がキレイに見えるかどうかは、羽根の下ろし方と結び目がしっかり固定されているかで決まります。羽根はなるべく立体感を出すように整えると手結びの良さが出ます。また、結び目がしっかり締まっていて固定されていると、文庫の部分がきりっと上がって、さらにキレイです。

華やかさが欲しい場合は、「花文庫」もぜひ試してみてください。


簡単!浴衣ヘアアレンジ
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。