浴衣の帯結びは後ろ姿だけじゃない!

花火。

花火大会といえば、浴衣ですよね!

花火大会目白押しのシーズン、せっかく浴衣を着たのなら、帯の結び方も凝りたいものです。でも、帯結びって後ろから見ないと見えないし、写真に残りやすい「前姿」にも個性を出したい! と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、浴衣によく用いられる「半幅帯」を結んだ時の帯の前の部分=「前姿アレンジ」のバリエを紹介します。

自分で結ぶのが難しいものは、着付けのオーダーの際にサンプルとして使っていただければと思います。


「帯結び」より簡単にアレンジできる「前姿」

帯1本でこんなに印象チェンジ

帯1本でこんなに印象チェンジ

後ろで結ぶ場合よりも、前姿は織り上げたりねじったりするだけで簡単にアレンジができます。

半幅の場合は、通常胴にふた巻きします。ふた巻き目アレンジを加えましょう。その際、ひと巻きめはキチンと締めながら巻くという事を忘れずに。帯幅帯の色、柄、素材、全体の雰囲気によってそれぞれの個性を出すべく、チャレンジしてください。


1.上下斜め折りアレンジ

■手順
ふた巻き目の上側を斜めに折り下げ、下側を斜めに織り上げる。
 

半幅前姿

最もシンプルなアレンジ



2.ねじり上げアレンジ

■手順
ふた巻き目をくるくるねじって後ろへ廻す。

半幅前姿

ねじった部分を真っすぐ廻しても素敵


3.チラ見せアレンジ

■手順
ふた巻き目の下側を折って斜めに折り上げ、裏側を見せて、後ろへ回す。
半幅前姿

シンプルかつ、ワンポイントのインパクト


4.二段折りアレンジ

■手順
ふた巻き目を下側から斜めに裏側へ織り上げ、さらに下側を表側に織り上げて、後ろへ廻す。
半幅前姿

複雑見えても意外に簡単!

5.ねじりクロスアレンジ

■手順
ふた巻き目の上下を裏が出る様に3cmほど折っておき、前中心でねじって後ろへ廻す。裏が出たところを整える。
半幅前姿

クロスが印象的

>>ここから少しレベルアップ! 難しくなってきますよ。