着物には「季節」の決まり事があり、着物初心者をおびえさせ、多少慣れてきた中級者を悩ませます。

洋服に例えて言うと、真冬にキャミソールワンピース一枚で出かけたり、真夏にダウンコートを着ないのと同じで、着物も道理に沿った合理的なものです。ただ、半袖、ノースリーブ、コートなどの洋服であれば「季節」が一目瞭然ですが、着物のややこしいところは「形が同じ」であるという点です。

着物は、素材と仕立て方で「袷」「単衣」「夏物」に分けられます。

ざっくり説明しますと「袷」は透けない反物に裏地を付けて仕立てます。「単衣」は「袷」と同じ透けない反物に裏を付けずに仕立てます。「夏物」は絽や紗といった透けるものや麻といった夏物の反物に裏を付けず仕立てます。
着物の基本的な季節の決まり事

着物の基本的な季節の決まり事


「袷」は10月~5月、「単衣」は6・9月、「夏物」は7・8月に着用するのが基本的な決まりごとですが、最近では温暖化のためか、春先でも20℃近い洋服なら半袖を着たい様な日も多くなってきました。また、日本は南北に長い国なので南は沖縄、北は北海道まで全国一律に「それでは6月1日より単衣!」というのも現実的では無い話です。

そんな状況下、ここ数年は着物上級者や日常で愛用している方で「春や秋でも暑い日には単衣を着ているわよ」という方が本当に増えてきました。私も5月などは袷より単衣を着用する方が多いくらいです。

ただ、「ルールを破るのは怖いな……」「他人に『間違ってる』と思われるのは嫌だな……」と思っている方も多いと思います。でも暑い日にがまんして汗で不快な思いをしながら着ているのも辛いですし、なにより気分が悪くなったりしては楽しいお出かけも台無しです。着物も「衣服」ですから「健康的に過ごし身体を守る為の衣服」を着ていて健康を害していては元も子も有りません。

お茶会や結婚式参列など、その場の格や参加されるメンバーで統一の決まり事ある場合を除いて、お楽しみのお出かけではその日の天候や行動パターン(室内が多いのか、外を散策するのかetc...)で判断するのが良いと思います。
あくまでオススメとしてご参考いただき、それぞれのシーン、皆様のお好みに合わせてください。

>>次のページで4月、5月、6月のコーディネート例をご紹介します。