伊達締めについて

伊達締めは、着物の胸元、衿元、おはしょりを整えて、帯の姿や着着装の仕上がりを美しくする役目があります。素材や種類は装う着物に応じて選びます。伊達締めの条件は、胸に当たる部分は張りのあるもので、結ぶ所は柔らかくなっているもの、結び目かさばらず解けにくいことです。ここでは、よく使われる布(博多織)と、ゴム製の扱い方をご紹介致します。


伊達締め(博多織)の扱い方

胸元をくずさないように

胸元をくずさないように

1:伊達締めの中央を前中央に当てる。

 

重ね方の上下は右左どちらでも良い

重ね方の上下は右左どちらでも良い

2:脇から後ろに回し、左右を交差させる

 

下になっている方を折る

下になっている方を折る

3:下に重なっている方を下へ折り返す。

 

緩まないように

緩まないように

4:前に回す

 

二度がけすると解けにくい

二度がけすると解けにくい

5:紐を2回かけ結ぶ。

 

中央を少し外して

中央を少し外して

6:左右交差させ、余り分を脇に挟む。

 

次は、ゴム製の伊達締めについてご説明します。