受験生の味方スポットいっぱい! 東京で合格祈願

湯島天神

東京大学にも近い『湯島天神』。受験シーズンには絵馬がぎっしり、隙間無く掛けられます

大学入試センター試験が始まると、いよいよ受験シーズンが本格スタート。実力を出し切るための最後の一押しとして、合格祈願にもチカラを入れたいところです。東京で人気の合格祈願にご利益のある神社や面白スポット、そして東京でしか手に入らない合格祈願グッズをご紹介しましょう。


神社仏閣で合格祈願

亀戸天神社

境内からはスカイツリーがしっかり見られる『亀戸天神社』。JR亀戸駅から賑やかな商店街を通って徒歩15分です

学問の神様といえば菅原道真。菅原道真=天神様が奉られている天満宮に祈願するとご利益があるという天神信仰は今日でも変わらず、東京でも受験シーズンになると多くの受験生が参拝に訪れます。東京で合格祈願、学業成就をお願いするならここ、という神社・仏閣を5つ後紹介します。

  • 湯島天神(湯島天満宮)【文京区】
約650年もの間、庶民の天神信仰の場となっている『湯島天神』では、年間の参拝者約200万人のうち8割が合格祈願。合格グッズに御朱印をいただいても良いかもしれません。

<DATA>
住所:東京都文京区湯島3-30-1
アクセス:東京メトロ千代田線湯島駅から徒歩2分

  • 亀戸天神社【江東区】
道真の墓所である太宰府天満宮に倣って社殿や池、橋などが配されている『亀戸天神社』は東京スカイツリーが境内から見えるとあって、ご利益に加えて「さらなる“高み”へのチャレンジ成功」も期待できるかもしれません。

<DATA>
住所:東京都江東区亀戸3-6-1
アクセス:総武線亀戸駅から徒歩15分/総武線、地下鉄半蔵門線錦糸町駅から徒歩15分

  • 松陰神社【世田谷区】
松陰神社の絵馬

吉田松陰先生が書いた“勝”の文字が入る絵馬

天神様の他にも学問の神様といわれ信仰を集めているのが『松陰神社』。幕末の思想家で、明治維新をなしとげることとなる若者達の教育に情熱を注いだ吉田松陰を祭神として奉る神社です。絵馬は“勝”という文字が入った『勝ち絵馬』、“志”という文字が入った『志絵馬』の2種類があり、“勝”“志”どちらもなんと松蔭先生の直筆文字! 合格祈願の後押しをしていただけそうな、力強い絵馬なのです。

<DATA>
住所:東京都世田谷区若林4-35-1
アクセス:東急世田谷線松陰神社前駅から徒歩約3分

  • タワー大神宮【港区】
タワー大神宮

展望台の一角に唐突に現われる『タワー神宮』

ちょっと変わった場所にある神社といえば、東京タワー大展望台2階ある『タワー大神宮』。東京23区内で“一番”高いところにある神社なので、“高めたい”ものがある人にはご利益があるとされています。実力を高め、一番の結果を出したい受験生にはオススメです。

<DATA>
住所:東京都港区芝公園4-2-8
アクセス:地下鉄大江戸線 赤羽橋駅から徒歩5分/東京メトロ日比谷線 神谷町駅から徒歩7分

  • 回向院【墨田区】
ねずみ小僧の墓

ねずみ小僧の墓。手前が削っても良い墓石です

両国の
『回向院』も受験生にはありがたい場所です。この寺は1657年に10万人もの命を奪ったといわれる『明暦の大火』の無縁仏を供養するために創建されましたが、実はあのねずみ小僧の墓があることでも有名。

なかなか捕まらなかったねずみ小僧のように「するりと入れる」。そんなご利益にあやかろうと受験祈願に墓参りをする人が後を絶たないのです。一時は御守にと、墓を削ってその欠片を持ち帰ろうとする人が増えてしまいましたが、現在は墓前に“欠き取り用”の墓石が別に置かれています。石を削るのはかなりの労力を要しますが、ありがたいことに削った粉を集めるため刷毛も常備。粉を入れる袋だけ持参しましょう。

<DATA>
住所:東京都墨田区両国2-8-10
アクセス:JR総武線両国駅から徒歩3分/地下鉄大江戸線両国駅から徒歩10分
次のページでは意外なあの場所での合格祈願をご紹介。