髪の毛のお悩みに 『関神社』~王子

関神社

王子神社の境内にある『関神社』。毛髪報恩のための毛塚もあります

「髪の毛が寂しい」「美しい髪になりたい」「くせ毛を直したい」。男女問わず髪の毛に関する悩みを抱える人は沢山いますが、北区王子には全国でも大変珍しい髪の神様を祀っている神社があります。

石柵

石柵の寄進者名にはプロの名前がずらり

王子という地名の元となった王子神社の一角にある『関神社』は、百人一首で有名な和歌の名手・蝉丸が祀られている神社。蝉丸は美しい髪が美人の条件であった平安時代、髪が逆立ち悩んでいる姉のために、“かもじ”や“かつら”を作り髪の毛を整える工夫をしたことから、髪の神様として信仰を集めてきました。

江戸時代その御利益にあやかりたい“かもじ”業者たちが中心となって王子神社の境内にお祀りしたのが、この神社のはじまりだそうです。

お社を囲む石柵には、かつら店や床山さんの名前が寄進者としてずらり。プロからの信仰も篤い神社で、髪の“美”向上をお願いしてみてはいかがでしょう。

<DATA>
関神社(王子神社内)
住所:東京都北区王子本町1-1-12
アクセス:JR・地下鉄『王子』駅より徒歩3分


いろいろ的中させたいなら 『皆中稲荷神社』~新大久保

皆中稲荷神社

「みなあたる」と評判の『皆中稲荷神社』。新大久保の駅からすぐです

コリアンタウンとして賑わう新大久保エリア。ハングル文字が躍り、軒を連ねる店からはK-POPのメロディが聞こえてくる街角に、突然石畳の歩道が現れます。この歩道をたどって進むと奥には神社の拝殿が。ここが「百発百中みな当たる」として信仰をあつめているその名も『皆中(かいちゅう)稲荷神社』です。

皆中稲荷神社入口

大久保通り沿いの入り口は見過ごしてしまいそうなのでご注意を!

なぜ当たる神社といわれているのか、それは江戸時代この地に幕府の警護にあたる鉄砲組百人隊が駐屯していたことと関係しています。ある鉄砲組の男が射撃の腕が上がらず思い悩んでいたところ、夢枕に稲荷之大神が立ちました。男は翌朝神社にお詣りをし、射撃の練習に取り組んだところこれが百発百中!

これを知った人たちが同じようお詣りをし射撃をしたところまたまた的中!! さらに射撃だけでなく様々な願い事にも御利益があるという話が広まり、参詣者も増え、この神社は皆中稲荷神社という名で呼ばれるようになったのです。

境内はさほど広くなく、お詣りしているのは地元の人が多いのですが、最近ではコリアンタウンに遊びに来た人たちも訪れるようになりました。そのせいか、「宝くじ当たりますように」という願い事がダントツに多い中、「東方神起の新曲が当たりますように!」というこの街ならではの願い事を書いた絵馬も。くじ運、ヒット祈願、合格祈願に、百発百中の伝説を持つ神社を頼ってみてはいかがでしょう。

<DATA>
■皆中稲荷神社
住所:東京都新宿区百人町1-11-16
アクセス:JR『新大久保』駅より徒歩1分
JR『大久保』駅より徒歩2分


脱雨男&雨女! 快晴祈願の 『気象神社』~高円寺

気象神社

緑が気持ちいい氷川神社。境内に入ってすぐ左手に進むと『気象神社』です

自分のことで恐縮ですが、私は強力な雨女。子供の頃からイベント事は決まって雨、社会人になってもここぞという仕事の日は全て雨、ついには結婚式でもほとんど雨の降らない地方に雨を降らせました。しかしそれももう過去の話。ある神社にお詣りして雨女の称号を返上することができたのです! その神社とは高円寺にあるその名も『気象神社』。全国でここにしかない、気象の神様を祀る神社です。

気象神社の絵馬

絵馬には雨女たちの願いが……

気象神社はJR高円寺駅南口から歩いてすぐ、氷川神社の中にあります。元々は氷川神社の近くにあった陸軍気象部の構内に、1944年に造営された神社で、勤務前の気象観測員が予報の的中を祈願していました。戦後、GHQの神道指令により除去されるはずでしたが、たまたま調査に漏れそのまま残ったため、1948年に氷川神社に移されたのだそう。神社自体も大変運が強いのです。

祀られているのは八意思兼命という知恵の神様。他にもこの神様をお祀りしている神社はありますが、お天気の神様として祀られているのはここだけだそう。境内には「脱雨女!」「雨男でなくなりますように」「○月○日の結婚式を快晴に」といったお天気にまつわる願い事を書いた絵馬がどっさり。みなさんにも私がいただけた強力な御利益がありますよう、お祈りしています。

<DATA>
気象神社(氷川神社内)
住所:東京都杉並区高円寺南4-44-19
アクセス:JR『高円寺』駅より徒歩1分

次のページでは、スポーツで勝ちを収めたい人に御利益のある神社を!