スポーツ振興の神様『香取神社』~亀戸

香取神社

スカイツリーを間近に望む『香取神社』。亀戸駅から明治通り沿いをまっすぐ進むと見えてきます

境内からスカイツリーを望む亀戸の『香取神社』はスポーツ振興の神様を祀った神社。オリンピック選手や日本代表選手も身につけるという『勝守』も人気の神社です。

境内の白い石

境内の白い石は縁起物。ひとつだけ持ち帰りましょう

香取神社の創立は665年で、祀られているのは武神である経津主神。平将門が乱を起こした時には、追討使であった俵藤太秀郷が香取神社に参拝して戦勝を祈願し、無事乱が治まると弓矢を奉納したと伝わっています。

このような由来から剣豪・塚原卜伝、千葉周作をはじめとする多くの武道家の信仰を集めましたが、現在はスポーツ振興の神様として親しまれ、勝利を願う多くの参拝者が訪れているのです。

北京オリンピックの時には授与が追いつかなかったという人気の勝守は500円。そして境内にちらばる白石を「勝ち運の白星」に見立て、一つ持ち帰り御利益をいただきましょう。

<DATA>
香取神社
住所:東京都江東区亀戸3-57-22
アクセス:JR総武線、東武亀戸線『亀戸』駅より徒歩10分

いかがでしょう、あなたのピンポイントな願い事を聞き届けてくれそうな神社はみつかりましたか。新しい年、新たな目標を掲げる意味も込めて、お詣りしてみてはいかがでしょうか。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。