富をもたらしてくれる開運スポットはいずこ?

新しい年の初めには、やはり金運・財運アップを神さまにお願いしたい人が多いのではないでしょうか。そこで、ずばり「金運アップ」にご利益があるとされる東京の神社仏閣をご紹介。どの神社・寺院も個性的で、わくわくするパワースポットだらけです!


尊天さまがお金を融通してくれる
赤坂・融通稲荷尊天(豊川稲荷東京別院)

融通稲荷尊天

豊川稲荷東京別院の本殿左側にある『融通稲荷尊天』

赤坂の曹洞宗の寺院・豊川稲荷東京別院の本殿の左側にお祀りされている、財宝を生む尊天さま。心を込めてお参りすると、金銀財宝の融通が叶えられると言われています。

融通金

こちらが尊天さまの『融通金』

お参りに訪れるとまず眼に入るのが、お堂の中にずらりとならんだ鮮やかな黄色い小袋。実はこれ、金運アップを望む人たちに尊天さまが融通してくれる『融通金』で、お財布の中に入れておくと財運がアップするといわれているものなのです。融通金は誰でも無料(尊天さま、さすが太っ腹!)で持ち帰ることができ、一年後に礼金を奉納するのが習わし。私ももちろん融通金をいただいてきました。色からしていかにも景気のよさそうな黄色い袋の存在でお財布自体が一気に明るくなり、これからどんどん福を呼び込んでくれそうです。

<DATA>
融通稲荷尊天(豊川稲荷東京別院)
住所:東京都港区元赤坂1-4-7
TEL:03-3408-3414
アクセス:東京メトロ『赤坂見附』、『永田町』駅より徒歩5分


東京の銭洗い弁天
人形町・小網神社

小網神社

大人気の『小網神社』。小さい社なので数人入るとすぐいっぱいに

“銭洗い弁天”というと鎌倉が有名ですが、東京・人形町にも人気のスポットがあります。人形町エリアの日本橋にも近いオフィス街の一角にある小さな社『小網神社』は、平日の昼間もお参りする人の姿が絶えない、熱い信仰を集めている神社。数分いるだけでも、仕事中であろうスーツ姿のビジネスマンがふらっと入ってきたり、普段着の主婦の方が自転車を止めてお参りしたりと、地元の人たちに愛されている社であることがよくわかります。

銭洗いの井

金銭を清める『銭洗いの井』

小網神社は、強運厄除け、そして弁財天が祀られていることから財運にご利益があるといわれています。境内には小さな「銭洗いの井」があり、ここで金銭を清め、それを財布などに納めておくと福徳を授かるとのこと。大変こぢんまりとした井ですが、さすが弁天さまをお祀りしているだけに、清潔感があって清々しい雰囲気。東野圭吾さん原作の映画『麒麟の翼』にも登場したとあって、人気が高まっているスポットです。

<DATA>
小網神社
住所:東京都中央区日本橋小網町16-23
TEL:03-3668-1080 
アクセス:東京メトロ『人形町』駅より徒歩5分


“宝船”と“カエル”のダブルパワー
麻布十番・十番稲荷神社

宝船

七福神が揃う『宝船』の石像。カメラにおさめて帰る人も多い人気スポットです

六本木ヒルズのふもと、気の利いたレストランが多いことで人気の麻布十番エリアにある『十番稲荷神社』は、鳥居をくぐる前から金運アップのご利益をいただけそうな神社です。

地下鉄の出口を出ると、まさにその上が神社。鳥居の左側には七福神が揃った『宝船』の石像がお祀りされています。東京にはお正月に七福神にちなんだ寺社をめぐる七福神巡りのコースがいくつもありますが、港区内の七福神にお参りする『港七福神』は、7柱の神さまプラス宝船を祀った神社がコースに含まれているのが最大の特徴。その宝船の神社こそが十番稲荷神社なのです。七福神には富をもたらしてくれる神さまが複数いますので、この神社は相当なご利益を期待できるのではないでしょうか。

かえるさん石像

『かえるさん石像』。お金が返ってきますように……

また鳥居の右側には江戸時代、このあたりを襲った火事から屋敷を守ったという伝説が残る大ガマの石像もお祀りされています。地元の人たちからは「かえるさん」という名で親しまれている大ガマ。「出ていったお金がどんどんカエルように」という願いを込めて、お水をかけてお参りしてみてはいかがでしょうか。

<DATA>
十番稲荷神社
住所:東京都港区麻布十番1-4-6 
TEL:03-3583-6250
アクセス:都営地下鉄大江戸線『麻布十番』駅より徒歩0分


印鑑必携!
品川・阿那稲荷神社(品川神社)

上社と下社

左上に見えているのが上社、右下方面へ続く赤い鳥居の先に下社があります

品川駅から京浜急行で2駅目の新馬場駅からすぐ。800年の歴史を持つ品川神社の境内にある『阿那稲荷神社』は2つの社に分かれていて、境内のより高い位置にある上社には「天の恵みの霊」が、下の位置にある下社には「地の恵みの霊」と「霊泉」が祀られています。連なる赤い鳥居をくぐって社に向かうと神聖な気分に包まれ、東京にいることを忘れてしまいそうです。

一粒萬倍の泉

『一粒萬倍の泉』。こちらのお水を印鑑にそそぎます

下社にある『一粒萬倍の泉』の水を、お金や印鑑にそそいだり、持ち帰って家や店の入口などにそそぐと商売繁盛につながるといわれています。お金だとせっかく水で清めても、お財布に入れておいたらいつの間にか使ってしまっていた……ということになりがちですが、印鑑ならその心配もなく、長くご利益をいただけそうですね。

<DATA>
■阿那稲荷神社(品川神社
住所:品川区北品川3-7-15
TEL:03-3474-5575
アクセス:京浜急行『新馬場』駅より徒歩1分 

今回ご紹介したご利益スポットは、境内の一角にあり寺社のご祭神・ご本尊はまた別に祀られている場所がほとんどです。その場合はお目当ての神さま・仏さまだけお参りするのではなく、ご本尊・ご祭神へのご挨拶もお忘れなく。神さま・仏さまへの礼儀を忘れず、ご利益をありがたくいただきましょう。





※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。