最後の清立院・毘沙門天で御朱印が揃う

最後は「毘沙門天」のいらっしゃる清立院へ。ここは実にわかりやすかった。赤い「毘沙門天」のノボリがズラリと並んでいる。
いちばんハデでわかりやすかった「毘沙門天」

「毘沙門天」 清立院 豊島区南池袋4-25-6

こちらは無人ではなかったけれど、やはり御朱印は自分で押す。「2つあるので、うまく押してください」と言われて、押した。というわけで、御朱印が揃った。

これを最初の案内処へ持っていくと、先着729名(しち・ふ・く)に、案内処の文字がプリントされたミニタオルがもらえる。

雑司が谷七福神の御朱印がすべてそろう
 


全部の御朱印がそろったら、最初の案内処へ行こう。先着729名(しち・ふ・く)に、案内処の文字がプリントされたミニタオルがもらえる。係の人のお話だと、保証するわけではないけれど、だいたい一月まではミニタオルがもらえるのではないかとおっしゃっていた。

さあ、今月中にあなたも雑司が谷七福神巡りにチャレンジしてはいかが?



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。