子どもの成長や健康を気遣うなど、ひと言でもうれしいもの!  

お姑さんの好感度up!の手紙文例

子どもの成長ぶりや健康を気遣うなど何気ないひと言でも充分

人から手紙をもらって、うれしいと思うことは多いでしょう。お礼やお祝いの手紙はもちろんですが、ちょっとした季節の便りや近況報告などのはがきも、手にすると、あたたかな気持ちになるものです。それは、友人、知人のみならず、身内でも同じですね。

たとえば、「子どもの学校でこんな行事がありました」「先日、ごちそうになった料理を真似して作ってみた」「風邪が流行っているけれど大丈夫かしら?」など、日々の暮らしの中の出来事や子どもの成長、相手の健康を気遣うなど、特に決まった内容でなくとも、気に掛けてくれたという気持ちは、親御さんにとってもうれしいものです。時にはお姑さんにはがきでも……という具合に、家族間でちょっとした便りを楽しむというのもまたいいものですね。

文例1:義母へ

お正月気分からもようやく抜け出し、会社に学校にと
みな元気に通っております。(※1)
先日は皆でお邪魔し、楽しい時間を過ごさせていただき
ありがとうございました。(※2)
ご馳走になりました、お母さまお手製の五目ごはんと
煮物の美味しかったこと!子どもたちもすっかり大好物
になりまして、家で同じものを作ってとせがまれ困る毎日です(笑)。(※3)
またお伺いしました折にでも、作り方を教えてくださいね。
今年は、寒さもことのほか厳しいとのこと、
どうかくれぐれも御身体大切になさってくださいませ。(※4)    日十美 

文例2:義父へ

先日のお正月会ではありがとうございました。(※2)
昨日、お母様とお話しておりましたところ、
お父様が風邪を引かれたとのこと、(※4)
その後お加減はいかがでしょうか。
気温差も激しいため、私の周りでも
風邪が流行っているようです。
実家より、りんごがたくさん届きましたので
お送り申し上げます。
どうかお大事になさってくださいませ。(※4)
また近々お伺いいたします。   聡美

ポイント・注意点

※1子どもの成長ぶりや日々の生活が伝わるようなひと言、元気な様子が伝わるような言葉は、手紙を受け取った側も和やかな気分になるものです。
※2お世話になった折のお礼の言葉を。
※3うれしさが伝わるような、情景が目に浮かぶような具体的なひとコマを。
※4相手の健康を気遣うようなひと言を添えて。

このような日々の何気ないひと言であっても、また普段電話で話している事柄でも、あらためてはがきや手紙の文面で目にしますと、またちがった嬉しさがあるものです。特にかしこまった内容でなくとも、日常の報告やお見舞いにと、はがきや手紙も活用してみてはいかがでしょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。