さぁ寝ようと布団にもぐりこんだけれど、身体は温まっても、足先はいつまでも冷えたまま……。なかなか寝つけない夜におすすめなのが、湯たんぽです。「頭寒足熱」というように、足を温めるのは身体にとてもよいこと。上手な使い方をお届けします。

ぽかぽか足でしっかり眠ろう

ベッド

寒い日でもぐっすりと眠れるかどうかは、足元の温かさがポイント

足が冷たくて眠れない。私自身もそうなのですが、このぐらいの季節からそう感じる日が増えてきます。寒いから靴下を履いて寝るという人もいますが、それが血流を悪くしてしまうため、逆効果という説も。

足が冷えると、疲れやすくなったり、眠りの質が低下したりと、体調不良の原因に。反対に、足を暖めておくと、全身の血行が良くなり、足だけでなく全身まで暖かくなってきます。寒い冬でもぐっすりと眠り、すっきりと目覚めるためには、足を温めるのがポイント。

そこで、湯たんぽの出番です。

身体にお財布に優しい湯たんぽのススメ

足

部屋全体を温める暖房器具よりも、ゆたんぽの方が身体全体を温める効果があるときも。うんと寒い日は併用して。

寒いからといって、エアコンやヒーターをつけっぱなしで眠ると、空気が乾燥し、肌や喉を傷めてしまうことがあります。また、部屋全体が温かくなくとも、足さえしっかりと温まっていれば、ちゃんと眠れるものです。

寝る前に布団へ入れておき、しばらくしてから自分も潜り込めば、中はぬくぬく。冷たい足先で触れていてもいいですし、抱き枕のようにお腹に抱き込んでも身体は温まります。寒いときに縮こまりがちな肩や腰に当てると、筋肉がゆるんで、凝りもほぐれます。

布団の中だけでなく、テレビを見て座っているときなど、湯たんぽを足元に置いて、ひざかけなどを掛けると、簡易こたつに変身。暖房に使う光熱費を節約することもできます。さらに、湯たんぽに使ったお湯は、顔を洗ったり、食器洗いに使ったりできるので、無駄もなし。

なお、お湯を入れたてのときには、ずっと触れていると低温やけどをすることがあります。カバーをつけて使うのがおすすめ。タオルなどを巻くだけでもOKです。

次は、形やさわり心地の違う湯たんぽを紹介します。あなたに合うのはどれ?>>