仕事の話題を持ち出さずに1時間会話を楽しめるか?
 

優秀だし、頼れるし、さらに見た目も魅力的であっても“隙がなくて壁を感じる”“プライベートの素顔がまったく想像できない”―――

そう男に思わせてしまっては恋愛にはやや不利。その結果、仕事上での出会いは多いのに、それ以上男心に火をつけられずに、恋には発展しない生活が定着してしまいます。大きな御世話かも知れませんが、これはそのままにしないほうが良いのでは?と思うのです。

この状態を良い方にシフトするにはどうしたら良いのでしょうか?

「仕事以外の話題で何分話せるか?」の訓練がその解決方法の1つだと思います。苦しくても、ぎこちなくても、ちゃんと心を開いて仕事関係の異性と“仕事以外の話で1時間以上話せる女”になる!まずはここからリハビリしてみてはいかがでしょうか。仕事の話で話題を広げるのは簡単ですが、あえて仕事の話では無理に話題を続けない、つながない、そのかわり仕事以外の会話で盛り上がれるように努力してみるのです。

「仕事上でのアイデンティティ」はあなたの魅力を際立出せる重要なファクターでしょう。でもあえて、その仕事アイデンティティに隠れて、見えなくなってしまっている「素(す)の女らしさ」や「人間味」を前に押し出すのです。訓練の舞台はもちろん「異性とのコミュニケーション」の瞬間。仕事中は難しいでしょうから「ランチ」「打ち上げ」などセミオフモードな時が良いでしょう。そこでさらに「うれしい」「たのしい」「おいしい」「可笑しい」「美しい」などの五感トークを展開してみてください。

それを20分、30分、1時間続けるうちに、あなたの素顔の部分が解きほぐされ、前に押し出てくると思います。

もしどうしても話題に困ってしまい、沈黙のプレッシャーに押しつぶされそうになったなら?その時は目の前の男性に人生相談を投げかけてしまいましょう。でも“身の上の不幸な恋バナ”はダメ。さらには“全然出会いがなくて…なんとかしてくださいよ”と“お見合いチックな紹介”を押しつけるのもNGです。健康のこと、キャリアのこと、住宅のこと、友達関係のことなどあなたの生活が等身大にイメージできることの方が良いかもしれません。

<次のページに続く>