このままじゃマジでやばい、国産メーカーよ大奮起を

9月はアストンマーティンの4ドアクーペ、ラピードか。アウディR8スパイダーも捨て難いが、R8なら迷わずクーペを選ぶ。ポルシェカイエンも良かったし、そうそう、ボクスタースパイダーにはしびれまくった。
ポルシェカイエン

2010年のジュネーブショーでお披露目された、プレミアムSUVのポルシェカイエン。2代目モデルは3.6リッターV6エンジンのカイエン(6MT 748万円、ティプトロニックS 795万円)、4.8リッターV8のS(ティプトロニックS 1030万円)、4.8リッターV8ツインターボのターボ(ティプトロニックS 1538万円)をラインナップ。ポルシェの市販車として初のハイブリッドモデル(Sハイブリッド 1092万円)も来年発売される

「背の高いSUVを駆っているという意識を動き出した瞬間から忘れてしまっている自分が、逆に怖い。軽量化されたとはいえ、2トンというマスのある巨体を、こうもスポーティに走らせているのだから、油断は禁物である。けれども、それを許してしまう造り込みと仕上げレベルの高さに、感服してしまうのも事実だ。そして、それに乗じてついつい速度を上げてしまい……。いやはや、ポルシェとはここまで“スポーツ”にこだわるブランドであったか、と知っているつもりの筆者でもまた驚かされた。」
(モーターマガジン誌より)

10月ともなれば、秋の国際パリショーやCOTYネタなど、一年のしめくくるような企画が増えてくる。ここではあえて、COTY大予想(その時点で)と銘打たれた企画用に、筆者の気持ちを吐露したもの全文を転載する。

「みんなにオススメ=ポロ。エンスーセカンドカーにオススメ=RCZ。頼れる部長にオススメ=5シリーズかEクラス、渋い社長にオススメ=ジャガーXJ。ちゅうわけで、渋くはないけど一応零細企業の社長やってるんでXJ、と言いたいところだけど、まだまだ似合わない。個人的には今、523のバンにササリまくり中。今年は国産車が例年になく不作で、乗り比べれば欧州勢との差は歴然でした。ここはひとつ、国産メーカーに大奮起を促す意味でも輸入車オンリーかな、と。このままじゃマジでやばい。欧州/逃げ去り、韓国/追いつき、中国/時間の問題、ですやん。米車のカマロがなかったのは、残念だーーっ!!」
(カートップ誌より)

11月は、今年の自動車業界と調子を合わせるかのように、筆者の分野でもエポックな2台の電動車に乗った。テスラとボルトである。また新車ではないが、同月にケーニグゼグやパガーニゾンダに乗れたことは、ちょっとした誕生日プレゼントだったように思う。
GMボルト

量産モデル初となる発電のみに使われるエンジンを搭載した、5ドア4人乗りの電気自動車、ボルト。リチウムイオンバッテリーで最大80km走行、さらにエンジンが発電用モーターを回すことで最大約500kmまで走行可能

「リーフに比べるとエンジンぶんだけフロントヘビーだが、バッテリー搭載位置が低いこともあり、扱いづらい印象はない。むしろ適度な重みが走りに重厚感を与えていた。クルージングではあくまでも落ち着いている。ひと踏みで強力に立ち上がるモーターのトルク特性が、EVに共通の新しい乗り物感だろう。もちろん、バッテリーに余力があるかぎり、いくらアクセルペダルを踏み込んでもエンジンは掛からなかった。スポーツモードでは出力そのものは変わらないが、トルクの立ち上がりが明らかに鋭く、よりアグレッシブな走行フィールである。」
(バニョール誌より)

そして師走。まだ原稿進行中である。ひょっとすると、年内にもう1台、とてつもないクルマに乗れるかも知れないのだが、それはさておき、現時点12月のベストを選んでおくと、やはりアウディA8ということになるだろうか……。未掲載なので、抜粋はできないが。

次点で、VWゴルフトゥーランを挙げておく。
アウディA8

2004年に日本に初登場したコンパクトミニバンの2代目。最高出力140ps/最大トルク220Nmを発生する1.4リッターツインチャージャーTSIエンジンに7速DSGが組み合わせられる。全長4405×全幅1795×全高1670mm。国内ではベーシックなコンフォートライン(293万円)と、豪華装備のハイライン(339万円)をラインナップする

「平日にも関わらず、混み合った箱根の一般道を走る。乗り心地がはっきりよくなったと思うのは、路面からの振動の収まりがいいことに加えて、余分なノイズや振動が随分と抑えられたから。加えて、ステアリングフィールそのものが上質で、運転していて気分がいい。およそ、ミニバンをドライブしているという感覚ではなく、背の高いゴルフに乗っているという感じ。なるほど、名は体を表す、である。」
既成概念を超えた走り、“7人乗りゴルフ”トゥーラン
アウディA8

アウディのフラッグシップサルーン、A8。多段化により約6%燃費を向上させた、新開発8速ティプトロニックトランスミッションを搭載。国内では12月15日に発表され、3リッタースーパーチャージャーを積む3.0TFSIクワトロ(945万円)、4.2リッターの4.2FSIクワトロ(1160万円)、ロングホイールベースのL4.2FSIクワトロ(1290万円)をラインナップした

さて。2011年もまた面白いクルマが立て続けて出てきそうだ。1月には、デトロイトショーを皮切りに、M・ベンツCLS63AMG、マクラーレンMP4-12C、BMW6シリーズカブリオレと、国際イベントが目白押し。3月にはいよいよ、ランボルギーニの新型フラッグシップもデビューする……。

今年1年のご愛顧に感謝しつつ、来年も、どうぞよろしくお願いします!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。