新しい年が始まりました。進学や就職、転勤などをきっかけに、この春から一人暮らしをスタートさせる予定がある人は、そろそろ部屋探しや引越、生活必需品の購入などの情報を集め始めたり、検討や準備を始めるころではないでしょうか。

そんな初めての一人暮らしに提案したいのが、家具や家電をレンタルするという方法。買うのが当然と思いがちな生活必需品ですが、借りるというのも選択肢のひとつ。そこで今回は、レンタル品の質やレンタル中の対応など、総合レンタル事業を運営するサークランド(運営サイト『かして!どっとこむ』)に伺い、詳しく聞いてみました。

家具や家電を買う? それとも借りる?

部屋

初めての一人暮らしに揃える家具・家電。買うのではなくて、借りてみるというのはどう?

一人暮らしを始めるときにかかってくる大きな出費のひとつが、家具や家電を購入する費用。でも、「長い期間、一人暮らしをするわけじゃないんだけど」「少しでも安く揃えられないかな」「いつまで一人暮らしをするかわからないから買うのはモッタイナイような…」と、買うのをためらってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

実際に家具や家電を買うとなると、一度に大きな出費があることは避けられません。『一人暮らしにかかる初期費用』にあるように、冷蔵庫・洗濯機・オーブンレンジ・テレビを新品で揃えたら、安くても10万円前後はかかります。一方、それらの品をパッケージにした中古家電4点セットなら、2年間レンタルして57,600円(参考:かして!どっとこむ)。初期費用が半額程度に抑えられることになります。

もちろん長く使うとなれば、買った方がトクになります。でも、例えば、大学のキャンパスの場所が学年途中で変わる場合や短期での赴任などには、レンタルも便利さを感じさせるのではないでしょうか。一方、使用頻度が高い生活必需品が借りものとなると、「中古品だと汚かったり、壊れやすかったりしないの?」「壊れたら、弁償しなきゃいけないの」といった不安や疑問が浮かぶのも当然です。

「実際のところ、どうなの?」ということで、家具・家電レンタルサービス『かして!どっとこむ』を運営するサークランドに詳しい話を聞いてみました。

次は、家具家電レンタルサービスのショールームの様子をお届けします。>>