「口コミ」が参考にされやすいダイレクト自動車保険

口コミ

事故をしてみないとわからない自動車保険は、口コミ情報への依存度がかなり高い

インターネットにみられる口コミ情報は値段や商品に関することなど、多岐に渡ります。金融商品については、もともと情報や知識についてベールに包まれていることも多かったせいか、口コミ情報への依存度はかなり高いと感じられます。ダイレクト自動車保険の場合、目に見えるのはWEBサイトや広告などの文字情報のみ。その安心度は事故に遭ってみないとわからないのが実情で、口コミ依存度はかなり高いと言えます。

ダイレクト自動車保険の口コミ情報で最も話題になるのが、目に見えて理解しやすい保険料やロードサービス。よい評価に見られる内容の多くは保険料になってきます。したがって、安い保険料の会社ほど評価がよくみえてしまう傾向があります。

一方、悪い評価に多く見られる内容は事故対応のこと。「事故対応の満足度」は各社アンケートでみても80%を超えているので、残りの20%の人のコメントが悪い評価の大半を占めていると考えられます。事故対応のことで悪い評価に名を連ねてしまう保険会社は、かなり印象が悪くなる傾向があります。偏った判断にならないよう、上記の傾向を踏まえて口コミ情報は参考にすべきでしょう。
 

口コミ情報で注意すべきポイント

口コミ情報はあくまで個人的な主観。見方、考え方は十人十色。そこで、口コミ情報でよく取り上げられる項目でポイントとなるものを取り出し、その注意点を整理してみました。

■保険料
保険料は車種や使用条件、年齢や等級など契約内容によって異なり、安くなる度合いは各人異なります。口コミに見られる「安い!」という情報は、自分に当てはまるわけではありません。あくまで自分の場合どうなるかは、実際見積もって確認する必要があります。

■ロードサービス
サービスの中身は、はっきり公開されています。比較しやすく、ロードサービスを受けたことがある人の感想も理解しやすいでしょう。ただし、ロードサービスの適用条件についてはちゃんと確認することと、現場で対応するのは保険会社から委託を受けた業者であるため、サービスレベルにばらつきがあることは理解したうえで判断する必要があります。

■事故対応
口コミを見るとき最も大切なことは、事故時のコミュニケーションをしっかりとってくれたかどうかだと思います。迅速でこまめな対応であれば、最終的な結果に関わらず満足度は概ね高いといえるでしょう。法律的に保険会社が対応できる範囲は決まっており、多くのことは言えませんが、担当者の対応一つでそれが“納得”につながるもの。担当者の経験値や、コミュニケーション能力が満足度合いを決めるといえます。

■口コミが書かれた時期
口コミが書かれた時期もチェックしましょう。情報が古いと保険会社のサービス内容が変わっている場合があります。また、保険料の支払いスピードや解決までのスピードが評価される場合がありますが、早ければよいというものではありません。事故の程度や内容によっては時間のかかることもあり、親身で徹底した対応の場合は時間がかかることがあります。

>>次ページは、「口コミ」や「ランキング」の信憑性はいかほど?