「安さ」が見えない高い質感

ホンダブリオ

タイでは独自のエコカー認定基準が存在し、その基準は燃費が「20km/L」であること。ブリオも、当然そのラインを目指し調整されるだろう


エクステリアは写真を見て解る通り、徹底的にコストダウンを狙ったマーチより質感高い。というかマーチで痛感する「ずいぶん安く作りましたね」を意識させない。ボディサイドのプレスラインなど凝ってます。アジアや新興国だけでなく、日本やヨーロッパでも十分通用するレベル。

タイでの販売を2011年3月に予定しているという。驚いたことに開発もタイで行っているとのこと(ブリヂストンのテストコースなどを借りている模様)。モーターショーの前日に試乗した伊東社長曰く「とても楽しいクルマに仕上がると思う」。フィットのシャシなら大いに期待していい。

日本でも売れるのでは?

ホンダブリオ

エントリーモデルながら、質感は高い。日本でも通用するクオリティだが、残念ながら日本での発売の予定はいまのところない


インテリアもチェックしてみたが(前後のドアだけ開けられた)、これまた広さ&質感共に上々。ドアの内張だってキッチリしてます。むしろなぜ日本で販売しないのか解らないほど(マーチは逆の意味で日本発売をよく決めたな、と思う)。タイで発売したら、ぜひ試乗しにこなければならぬ。

またインドで生産されるインド仕様は部品の現地調達率を向上させるため、外観こそ共通するがスペックなど大きく違うそうな。価格もタイの予価40万バーツ(約120万円)に対し、インド仕様50万ルピー(約90万円)。1年後は「いつ日本で売るのか?」が話題になっていると予想します。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。