クリスマスカラーを決めよう

クリスマスオーナメント

カラフルなクリスマスアイテム。基調となる色を決めておくと、雰囲気とまとまりのある印象に

クリスマスといえば、赤・緑・金・白…が定番色かと思っていましたが、今はツリーやデコレーションもびっくりするくらい色とりどり。青やシルバー、ピンク、紫なども見かけます。「ピンクのツリー! キュートで素敵」と思うかもしれませんが、もしすでに手持ちのクリスマスアイテムがあるなら、ちょっと待って。せっかく買っても、手持ちのものと合わないのでは残念です。

カラフルなクリスマスも楽しいけれど、ともするとゴチャゴチャとした印象になってしまいがち。そうならないようにクリスマスコーナーをどんな色でまとめるのは、最初から決めておく方が買い物の失敗も少ないもの。

例えば、白やシルバーでまとめるとシックで大人っぽい印象、グリーンや赤を使うと賑やかで楽しげな印象、ゴールドを基調にするとゴージャスで荘厳な印象…。あなたのクリスマスはどんなイメージにしたいですか。

クリスマスコーナーを飾りつけよう

クリスマスインテリア

窓辺の狭いスペースに、ずらりと並べただけ。外の暗さに浮き上がる光がクリスマスムードを高めます

写真は、我が家の窓辺を彩るクリスマスアイテム。窓枠に10cmほどのスペースがあったので、ライトやキャンドル、松ぼっくりなどを並べ、窓にはスノースプレーでデコレーションをしてみました。

ちなみに、アイテムは100円ショップとIKEAで購入したものです。定番のクリスマスの飾りつけがあるのもいいけれど、去年とはちょっと趣向を変えたいというときに、リーズナブルで季節ものが変える100円ショップはとても便利。

最近の100円ショップは、オシャレな雑貨屋さんで扱っているものかと見紛うような素敵なグッズもたくさんあります。自分でひとつずつ手にとって、これぞと思うものはぜひ早いうちに買ってくださいね。同じ商品がずっとあるわけではなく、早い者勝ちという面があるので、クリスマスアイテムが気になる人は急いで。

また、リーズナブルでオシャレなアイテムが揃うIKEAも、一人暮らしに人気です。『IKEAのクリスマステーブル2010[テーブルコーディネート]』では、今年扱っているアイテムとそのコーディネートを紹介していますので、参考にどうぞ。

次は、窓や鏡を使ったクリスマスインテリアをお届けします>>