■最新情報は、「今さら聞けない液晶とプラズマの違い! 2008」をご参照ください。

似て非なる「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」!

「液晶」と「プラズマ」は別物!

ブームというよりも、もはや当たり前となった薄型大画面テレビ。 話題になるのは、「液晶テレビとプラズマテレビはどちらが良いのか?」 

今回は、その違いを知りたくても、「今さら聞けない!」という方に、基本的な仕組みの違いを、イラストで正確かつ分かり易く図解します。

また、一歩踏み込んで、その仕組みの違いに起因する、画質面での長所や短所も解説します。 「今さら聞けない!」という方も、たった10分で周りの皆さんに教える"ツウ"になれること請け合いデス!! 

 

「液晶」と「プラズマ」の違い (仕組み編)

液晶テレビとプラズマテレビは、映像を映し出す仕組みが異なるだけです。テレビとしての機能に差は有りません。

液晶テレビとプラズマテレビの長所や短所を理解する上で、仕組みを知る事は大変重要ですので、下のイラストをじっくり観察してください。

 

 

違いのポイント:

液晶テレビ: 

・ 映像に関係なく、バックライトは常時発光している。

・ 不要な色を「液晶パネルで「遮って」フルカラーを表現。

・ 全ての光を「遮る」事で「黒色」を表現。

 

プラズマテレビ:

・ 映像に応じて、R(赤)/G(緑)/B(青)を発光する。

・ 必要な色を「発光して」フルカラーを表現。

・ 全ての画素を「消灯」する事で「黒色」を表現。

 

 

次のページでは、仕組みの違いによる、長所と短所を解説します!(画質など)