1インチは2.54センチ!32インチ画面サイズは約81.3センチ!

「○○インチのテレビ」と聞いても、画面の高さや横幅が「何cm」なのか、イメージし難いものです。 日常、長さの尺度として「メートル法」を利用する日本では、長さのイメージが湧かないのも当然でしょう。換算する際、「1インチ=2.54cm」が一般的です。32インチなら、約81cmとなる計算です。

さらに、「インチ」が、対角線の長さを示している為、同じインチ数でも、画面の縦横比(アスペクト比)によって、「高さ」や「幅」の寸法が変わるので、なおさら複雑です。下図をご覧頂くと、同じ「インチ数」でも、横縦比が16:9のワイド画面と、4:3(標準的な従来のアナログテレビ放送)では、縦と横の長さ、が異なるのをご理解頂けるでしょう。 
 
同じインチ数でも画面アスペクト比率によりテレビの大きさが異なる

同じインチ数でも画面アスペクト比率によりテレビの大きさが異なる


今回は、厄介な計算なしに、「インチ数」から、16:9、4:3画面それぞれの、「縦横寸法」が一目で判る一覧表を作成しました。 画面サイズをイメージしたり、お部屋の空きスペースに収まる画面サイズを見つけるなど、是非お役立てください。
 

19インチ~65インチ:テレビ画面サイズ早見表 

テレビ画面のサイズ換算表

テレビ画面のサイズ換算表


※注釈:上記の各寸法は、計算上の数値です。テレビやスクリーンなど、実際に発売されている製品は、表記インチ数、縦横寸法が若干異なる事がありますので、目安としてご利用ください。また、実際の製品は、画面だけでなく、「フレーム」や「縁」があります。設置を検討する際は、製品カタログなどを参照し、製品の各種寸法をご確認ください。
 

70インチ~200インチ:テレビ画面サイズ早見表

同じインチ数でも画面アスペクト比率によりテレビの大きさが異なる

同じインチ数でも画面アスペクト比率によりテレビの大きさが異なる

 
テレビ画面のサイズ換算表

テレビ画面のサイズ換算表


※注釈:上記の各寸法は、計算上の数値です。テレビやスクリーンなど、実際に発売されている製品は、表記インチ数、縦横寸法が若干異なる事がありますので、目安としてご利用ください。また、実際の製品は、画面だけでなく、「フレーム」や「縁」があります。設置を検討する際は、製品カタログなどを参照し、製品の各種寸法をご確認ください。
 

画面比率からサイズを計算するときの計算式は?

対角線から縦と横幅の長さを算出するには、ピタゴラスの定理から、下記の比率で計算できます。皆さんが任意の「インチ数」から、画面の縦横寸法を計算をされたい場合にご利用ください。

■アスペクト比4:3
対角線(基準):縦(3):横(4)
1:0.60:0.80

■アスペクト比16:9
対角線(基準):縦(9):横(16)
1:0.49:0.87

例:ワイド7インチ液晶テレビ画面の横幅を知りたい場合
7×2.54(インチ→センチ)×0.87=約15.5cm
 

テレビの画面サイズは視聴距離に応じた適正なものを選ぼう

画面サイズを決定する際は、視聴距離に応じて、適正な範囲内で選ぶ事が重要です。ちなみに、テレビを設置するうえで欠かすことのできないテレビ台については、視聴スタイル別に選ぶと失敗しません。以下、おすすめの目安をご紹介しましょう。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。