コンセントには方向が有る!

二つの穴は、働きが違う!

壁にあるコンセントには「2つの穴」がありますね。 普段なにげなく使用されていると思いますが、実は「方向」があるんです!

もちろん、機器のプラグをどちら向きに差しこんでも、機能的には全く問題有りませんが、AV機器の場合は画質や音質に影響を及ぼす事があります。

今回は、「2つの穴」の違い、「正しい方向」を確実に知る方法、画質や音質を向上させる接続方法をご紹介します。 

費用はほとんど掛かりません。 より良い画質、音質に興味の有る方は勿論、興味無い方も、暇つぶしにトライしてみてはいかかでしょうか?

 

2つの穴」の違い

通常、左側の穴が長い。

まず、「2つの穴」の違いについておさらいしましょう。

片方は電気が"来る"側(ホット)、もう片方は、電気が"帰る"側(コールド)となっています。 コールド側は、「アース」(大地)につながっていて、単に「アース」と呼ばれる事も有ります。

では、どちらが「ホット」で、どちらが「コールド」なのでしょうか? 

壁に埋め込まれたコンセントを見てください。 穴の長さを比べると、一方が長くなっているはずです。 通常は左側が長くなっていて、「コールド」に設定されます。 (「長い穴」が「コールド」を見分ける目印)。

但しこれは、配線工事にミスが無い場合の話です。 実際に調べてみると、工事屋さんは「なんていい加減なんだ!」と思うくらい、逆になっているものです。 自分のコンセントは、自分調べるのが確実で手っ取り早いのです。


注:ここでの「アース」とは、電柱上の電線を流れる高圧電圧が、何らかの問題で一般家庭に向かう低圧側へ侵入した場合、危険な電気を大地へ逃がす働きをする「アース」を指しています。 洗濯機の水濡れなど、漏電による感電を防ぐ「アース」の接続は、電器店、電気工事店にご相談ください。


次のページでは、コンセントの正しい方向を確実に知る方法をご紹介します!