寒中見舞い文例集! 友人・ビジネスでの堅苦しくない書き方とは

寒中見舞い文例集! 友人・ビジネスでの堅苦しくない書き方

年賀状が遅れた場合、松の内が過ぎたら『寒中見舞い』として出すのが一般的です

寒中見舞いは、松の内(1月7日、関西では15日まで)が明けてから、立春(2月4、5日)までの間)に出します。立春を過ぎたら、『余寒見舞い』としますが、余寒見舞いは、立春以降だいたい2月いっぱいぐらい頃までに出します。
   

寒中見舞いとは

寒中見舞いは、寒さの厳しい折、相手の健康を気遣う内容の便りですが、年賀状を出すのが遅れた場合や、年賀状のお返事として、または喪中で年始のご挨拶を欠礼してしまった場合などにも出すことがあります。

また他にも、結婚や出産、転居などの報告を兼ねてということもあるかもしれません。
結婚通知は、通常、式後出すのが一般的ではありますが、6~8月ごろの挙式の場合は、暑中見舞いや残暑見舞いを兼ねてというケースもあるでしょうし、また、10~12月ごろに挙式の場合ならば年賀状と兼用されることもあるでしょう。

通信手段が豊富な現代では、メールやラインでのクリスマスや年賀状の挨拶も目にすることも多くなりました。同様に、寒中見舞いもメールでという場合もあるのでしょう。ただし当然のことですが、メールは、はがきなどの文書に比べ、カジュアルで略式なものである印象は否めないもの。相手や状況に応じてうまく使い分けましょう。
 

寒中見舞い書き方の基本構成

  • 寒中見舞いの言葉
  • 時候の挨拶の言葉
  • 年賀状をいただいたお礼や、年賀状が遅れたおわびの言葉
  • 寒い時季、相手の健康を気遣う言葉
  • 今後も変わらぬお付き合いを願ったり、今後につなげる言葉 など
『寒中見舞い』の中身としては、以上のような言葉が入るのが一般的です。

一番の目的は、寒中見舞いの言葉が表す通り、寒い時季、相手の健康を気遣う趣旨のものですが、年賀状の代わりや年賀状が遅れた場合のお返事として、日頃のご無沙汰のおわびや近況報告などにも応用できるものですので、季節の便りのひとつとして上手に活用しましょう。
 

寒中見舞い例文:一般

寒中お見舞い申し上げます
 松の内を過ぎまして、また連日厳しい寒さが続いております。
今年はことのほか寒気が厳しいようで、風邪も流行っているようでございますね。
 どうかくれぐれもご自愛のほど、お祈り申し上げます。
 

寒中見舞い例文:ビジネス

寒中お見舞い申し上げます
 いつもなにかとお世話になりましてありがたく、御礼申し上げます。
 大寒という言葉通りの、また一段と寒さ厳しい毎日でございます。
 どうぞご自愛のほど、お祈り申し上げます。
 

寒中見舞い例文:友人へ年賀状が遅れたお詫びもかねて

寒中お見舞い申し上げます
 年賀状をいただきながら、お礼のごあいさつが
遅れてしまいましたこと、たいへん失礼をいたしました。
 実は暮れから孫たちが泊まりに来ていたのですが、孫に
コピー機を占領され、そればかりかどうやら故障したようで、
年賀状作りが途中になってしまいました。
早々にいただきながら、申し訳ございません。
 ○○ちゃん、大きくますます可愛らしくなりましたね。
10日すぎ頃まで、そちらにお泊まりとか、賑やかな毎日ですね。
 またこちらにも遊びにいらしてくださいね。こちらも孫ともども
お待ちしております。
 

寒中見舞い例文:友人へ堅苦しくない文例 

寒中お見舞い申し上げます
 お正月はいかがでしたか。今年はご実家にお帰りとのことでしたので
少しはのんびりなさったでしょうか。
 寒い日が続きますが、どうぞくれぐれもお体大切に。
 またお時間あるときにランチでも。楽しみにしています!
 

寒中見舞い例文:結婚報告を兼ねて

寒中お見舞い申し上げます  
 申し遅れましたが、私たち昨年11月に結婚いたしまして、左記住所に
ささやかな新居をかまえました。まだまだ未熟な私どもですが、どうか今後とも
ご指導、ご鞭撻賜わりますようお願い申し上げます。
 

寒中見舞い例文:出産報告を兼ねて

寒中お見舞い申し上げます
 寒い日が続いておりますが いかがお過ごしでしょうか。私事ですが、
○月○日に無事に元気な男の子を出産いたしました。初めての育児に
おろおろとうろたえたり戸惑う毎日ですが、家族みんなで楽しく暮らしていきたいと
願っております。
 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 

寒中見舞い例文:引っ越しの報告を兼ねて

寒中お見舞い申し上げます
 松の内も過ぎまして、街の様子にもいつもの慌ただしさが戻ってまいりました。
 昨年末に左記(下記)住所に転居いたしました。
お近くにお越しの節は、ぜひお立ち寄りください。
 

寒中見舞い例文:メールにて引っ越しの報告を兼ねて

寒中お見舞い申し上げます。
 寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
 以前ちょっとお話申し上げましたが、昨年末に下記住所に転居いたしました。
駅からは少しありますが、近くに公園もあり健康のためウォーキングに励んだりして
おります…三日坊主にならないように気をつけなければ…笑。
 お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください。駅までお迎えにまいります!
 まだまだこの寒さは続く様子、どうぞお身体大切に。
 メールにてすみませんが、寒中のお見舞い、お知らせにて失礼いたします。


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。