インサイトよりも積極的!

フィットハイブリッド

プリウスなどのモーターのみで動けるハイブリッドカーとは違い、キーをひねると普通のクルマと同様にエンジンがかかる


発表前に1万台を超える予約注文を受けていたというフィット・ハイブリッドの試乗速報をお届けしたい。キーを捻ると普通のクルマと同じくエンジンが始動(プリウスはエンジン掛からない)。すぐスタンバイ状態になる。Dレンジをセレクトしてアクセル踏めば、当たり前ながら普通に走り出す。

発進加速中は低い回転域を中心にモーターがエンジンをアシストしているのだけれど、乗っているとほとんど体感できず。標準のフィットと同じである。ただ速度が40km/hくらいに達し、アクセル開度少ない巡航状態に入れば、モーターの存在を感じるようになってきます。

緩い加速なら標準のフィットより明確にエンジンの負荷が少ない感じ。実際、アクセル踏んでもエンジン音は変化せず、そのまま速度だけ上がっていく(ハイブリッドでないクルマはアクセル開けてエンジンに負荷が掛かると音質変わる)。インサイトよりモーターを積極的に使っているそうな。

フィットハイブリッド

モーターの存在を感じることは少ないが、エンジンの負荷を下げるための様々な工夫が施されている


また、アクセルを全閉にし、そこからジンワリとアクセル開けていくと、エンジン停止状態のまま速度をキープ可能(正確に書けばエンジンは回っているけれどバルブを動かなくして負担を最小限にしている)。非常に限られた条件ながら、フィット・ハイブリッドもモーターだけで走れるのだ。

以上、丁寧なアクセルワークをした時に体感できる味であり、ハイブリッドだということを知らなければモーターの存在に全く気づかないと思う。このあたりがプリウスと決定的に違う点。誰にでも「普通のクルマと違いますね」と解るのは、停止する際に行われるアイドルストップだろう。