アメリカと日本との大きな価格差

トヨタ・カムリ

「世界をリードするNew “ERA”セダン」を標榜する新型カムリ。ERAとは、Era(時代)に、Emotional(心を動かすよう)なデザイン・パワートレーンとRational(合理的)な空間づくりの意を込めた造語となる


新型カムリのスペック表を見てウナッた。驚くほど高い。アメリカだと1ドル=80円として207万円(2万5900ドル)のハイブリッドが日本だと304万円。いや、アメリカ仕様だと標準装備されているクルーズコントロールといった省燃費運転支援装備すら付いておらず。

参考までに書いておくと、アメリカにおけるプリウスの価格は同188万円で(2万3520ドル)、カムリHVより19万円しか高くありません。この価格差を当てはめれば、プリウスの日本価格205万円に対しカムリHVは234万円が妥当。なんでこんなムチャな価格設定をしてきたのだろうか?

トヨタ・カムリ

新開発の2.5Lアトキンソンサイクルエンジンを採用し、10・15モード燃費は26.5km/Lとコンパクトカー並みとなる


もう少し新型カムリHVを分析したい。装備内容を調べてみたら、プリウスと同等。HIDライトのみプリウスより上級の装備ながら、カムリHVの廉価グレードだとアルミホイールやCDオーディが付いていないため、ほぼ同じくらいの装備だと考えていいんじゃなかろうか。

なんでアメリカより圧倒的に高いのか? トヨタに聞くとそれなりの理由が帰ってくる。SUVのFJクルーザーは日本で生産しているけれどアメリカでの価格より猛烈に高い。その理由と同じ。すなわち日本だと販売台数を少ないため、一つ一つの部品価格が高くなってしまう、というもの。