新型カムリが「安い!」と言われるカラクリ

トヨタ・カムリ

アメリカでは、年間30万台前後売れるカムリも、日本での月販目標台数は500台。販売台数が少ないと、価格はどうしても割高となってくる


確かにカムリはアメリカだと年間30万台前後売れる。片や日本の販売計画6000台。右ハンドル用の内装を作るだけでタイヘンな投資になるワケ。そいつを上乗せしていくと304万円になるのだった。実際、304万円でも「安い!」と報じるお花畑志向のメディアが少なくない。

なぜか? 同じクラスのハイブリッドであるSAIの価格(338万円~)と比べてしまっているからだ。ただSAIはHDDナビやアルミ、本革巻ハンドル、クルーズコントロールまで付く。カムリHVを同じような装備内容にしたら350万円になってしまう。やっぱしカムリHVは高いと考えます。

安くなれば、最強セダン?


鶏と卵になってしまうが、カムリHVを235万円で売れば、けっこうな台数が出ると思う。新しいカムリHVはプリウスのエンジンに匹敵する熱効率を達成したアトキンソンサイクルの新型エンジンを搭載。10・15モード燃費を23km/Lから26.5km/Lへと大幅アップさせてきた。

このクラスの4ドアセダンはカムリHVが席巻してしまうくらいのインパクトを持つ。マークXもSAIもクラウンまでも喰われちゃうか? 逆にそうなることを危惧して高い価格設定にしてきたのかもしれない。いずれにしろ割高なクルマであることを納得した上でどうぞ。試乗記は近々。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。