ステッドラーのWOPEX(ウォペックス)の魅力

ステッドラー WOPEX(ウォペックス)
全く新しい製法の鉛筆、ステッドラー WOPEX。HB、2B、2H、各105円

筆記具の新製品の中で、特に新技術を取り入れたものとなると、最近では低粘度インクを使った滑らかに書けるボールペンなどがある。同じ筆記具の中でも、鉛筆にはあまり新技術を取り入れたというものがなかったように思う。

鉛筆には長い歴史があり、すでに完成の域に達しているということもあるのだろう。

そんな中、かなり新しい鉛筆が出てきた。ステッドラーのWOPEX(ウォペックス)だ。すでに店頭での販売も開始されているので、手にされている方も多いかもしれない。


木を使っているとは思えない質感

ステッドラー WOPEX(ウォペックス)
削られた木の部分は一般的な鉛筆とは大きく違う質感

鉛筆といえば、木を軸にまとったものである。この「WOPEX」も木を使っているそうだが、手にした感触は全くの別物。

表面はラバーのような加工がされており、握ると指先に吸いついてくる。その感触もさることながら、新鮮なのは、これまでの鉛筆よりも重量感があること。

ステッドラー WOPEX(ウォペックス)
表面はソフトラバーのようなしっとりした感触

1本の鉛筆よりも、WOPEX を4本くらいまとめて手にしてみると、これが鉛筆だろうかと思うくらいにズシリとくる。

ステッドラー WOPEX(ウォペックス)
これまでの鉛筆よりも明らかに重い

このWOPEX のコンセプトは「環境にやさしい鉛筆」。原材料の木は森林保護認証地から採れた木材、そして廃材を使用している。

しかも、その木の加工にあたっては、押し出し成形技術というものが使われ、木を無駄なく使っているという。

「WOPEX」の木が露出したところを見てみると、これまでの鉛筆に比べ、やや白くなっていて、手触りもつるつるとしてまるでプラスチックのようだ。

ステッドラー WOPEX(ウォペックス)
WOPEX鉛筆では、芯、軸部、塗装部ともに樹脂を混ぜ込んでいるため
この様なプラスチックの様な感触になっている