空に続くルーフバルコニー

 

写真をクリックすると最初の写真に戻ります
メゾネット
上/ルーフバルコニーの青空天井。中上/バスルームを換気するルーフバルコニーの大きな窓。中下/バスルームから室内を見る。下/真ん中のルーフバルコニーから空の光が降り注ぐ。


階段を上がりきると、6畳ほどの部屋に出ます。左右はコンクリート打放しの壁、南側は横長の窓から緑が見えます。真ん中にはガラスで囲われた1.5畳のルーフバルコニーが入り込んでいて、バスルームはその奥にあります。ガラス越しに見上げると、金属のルーバーの囲いの先に空が広がっていました。この囲いは、最上階のルーフバルコニーの脇にあった囲いでした。実はこの部屋はルーフバルコニーを介して、最上階の部屋と繋がっていたのでした。
当初いくつかのゼネコンや設計事務所に設計を依頼しても、満足できる回答を得ることがなかったオーナー。以前手がけた集合住宅の関係者から相談を受けて、澤口さんは他社よりも1.5倍近い事業面積を確保するという驚きのプランを提示しました。この[ケヤキアパートメント]は、オーナーの大満足のうちに完成したのです。

◆建築データと建築家プロフィール



投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。