空中に浮いたペントハウス


写真をクリックすると次の写真に進みます
5階
上/ルーフバルコニーから部屋を見る。段差は1mほど。右側は下の階のルーフバルコニーの囲い。中上/キッチンカウンターの隣の壁は冷蔵庫収納。中下/左・バルコニーは幅2.9m、奥行き6.2~6.8m。右・窓を背にしたオープンキッチン。下/部屋を2つに分けるようにして4階の玄関からモルタルの床が続いている。


4階の玄関から靴をはいたまま上がると、コンクリートの床がフローリングの部屋を2つに分けています。ここまでが玄関スペース。南側に目を向けると床から天井までの大きなガラス窓。その先は隣家のこんもりとした緑を望む約6坪のルーフバルコニーが伸びています。この“屋上独り占め”の開放感は最高です。ルーフバルコニーの奥から見返すと、最上階の部屋はまるで“空中に浮いたペントハウス”のようです。

◆建築データと建築家プロフィール