生活必需品に必要なお金

ビール
洗濯機は使わずコインランドリーで、テレビはパソコンで代用するなど、生活が落ち着いてから少しずつ買いそろえるのもひとつの手です。
基本的なシングル向け家電を新品で購入した場合の平均的な費用をシミュレーションします。春からの新生活に向けて各メーカーから発売される、シングル向け家具家電がセットになったシリーズはリーズナブルなものが多く、オトクです。

生活のイメージがはっきりする前に買った家具や家電、キッチン用品などは、失敗につながることがよくあります。最初のうちはこれまで使っていたものを持ってきたり、友人や家族から
生活必需品に必要なお金
シングル向け家電を新品で購入した場合の費用
譲ってもらうのもおすすめです。

その他にカーテン、照明、寝具、調理器具や食器、バス・トイレ用品、その他雑貨類にもお金がかかります。ここでは5万円程度と見積もっておきます。

 

初めての一人暮らしに必要なお金の合計は?

さて、これまで計算してきたお金を合計してみましょう。

485,000円(部屋を借りる)+17,260円(引越)+122,000円(家電)+50,000円(その他必需品)=  合計 674,260円

思ったよりも高かったでしょうか? 安かったでしょうか? 各条件によっても金額は変わってきますが、初めての一人暮らしには初期費用として最低でも50万円、平均的に70万円程度用意しておくと安心です。「家賃の安い部屋にする」「自分で引越をする」「オークションやリサイクルショップで買う」「家族や友人から譲ってもらう」など工夫や努力をすることで、費用を抑えることもできますよ。

なお、一人暮らしをスタートさせてから、その後お給料が出るまでに生活するお金も必要です。部屋の契約や引越だけですっからかんになってしまわないように、ある程度余力を残しておいてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。