若い頃の体型は維持できる? 女性の体型変化を検証

ヨガをする女性

人生で3回変化する女性の体型。一度変わると、元に戻すことはできないというショッキングな結果も……

年を重ねるごとに気になる「体型の崩れ」。女性なら誰でも体型は維持し続けたいものです。

ワコールの人間科学研究所では、1964年の設立以来、なんと4万人以上の日本人女性の身体の計測データを集め、年を経ることによるカラダの変化を30年以上に渡って追跡調査してきたそうです。長年の調査から見えてきた年齢による女性の体型変化のポイントと、体型の崩れを防ぐ方法をご紹介します。

女性の体型変化のポイントは3回!

女性ホルモンの分泌は10代から20代前半(思春期)で上がり、20代後半から40代前半までは比較的安定します。そして40代後半から徐々に下がってゆきます。詳しくは「女性のカラダの変化~一生編」をご覧下さい。

女性の体型が大きく変化するポイントは、主に下記の3回で考えられます。

■1回目の変化:16~18歳ごろ
女性の体型が大きく変化する1回目のポイントは、女性ホルモンの分泌量が変化する10代。特に16~18歳ごろになると、成長がストップし、メリハリのはっきりとした大人の体つきになってゆきます。

■2回目の変化:24~26歳ごろ
10代から続くゆるやかな体型の変化は、24~26歳ころに完成を迎えます。このポイントを境に、今度は徐々に皮下脂肪がついていく時期を迎えます。

■3回目の変化:37~39歳ごろ
20代で完成した女性らしい身体に、皮下脂肪が沈着していく30代。特に37~39歳ごろになると、急激な体重変化が始まります。このポイントを境に、体型が変わり始め、40代になると下半身より上半身のボリュームが目立つ体型にがどんどん変わっていきます。

年齢によるバストとヒップの変化

年を取るにつれて、バストやヒップも変化します。興味深いことに、バストやヒップの変化の順序はみんな同じ。しかも、一度変化したら戻らないというショッキングな結果も出ています。

■ 年齢に伴うバストの変化
  1. バストの上部(デコルテ)がそげる
  2. バストの下部がたわんで乳頭が下向きになる
  3. バストが外に流れてたれる

■ 年齢に伴うヒップの変化

  1. ヒップの下部がたわむ
  2. ウエストのメリハリがなくなってヒップの頂点が下がる
  3. 外側(股関節)がそげて内側に流れてたれる

上記の順に変化します。変化の順序はみんな同じです。そして一度変化すると戻らないと前述しましたが、一方で変化が始まる年齢には個人差があります。40代でも20代のバストをキープしている人もいるのです。

重力に負けない美しい体型を保つ方法

多くの女性が、体型変化の進み具合が遅い人に憧れるでしょう。重力に負けないキレイなからだをキープするためにはどうすればいいのでしょうか?

体型変化の少ない女性を調べた結果、規則正しい食事や、美しい姿勢や歩き方を心がけ、カラダを良く動かすなどの活動的な日常生活を送り、さらにからだに合った下着をつけている傾向があったそうです。やはり、キレイな方は日常的にカラダを労わって意識しているのですね。

一方で、なんと7割もの女性が自分の胸に合っていないブラをつけているという調査結果もあります。バストが垂れる大きな原因の一つは「揺れ」。バストは脂肪、乳腺、クーパー靭帯というやや固めのメッシュのような組織からできています。このうちクーパー靭帯は長期にわたって揺れにさらされると伸びやすくなると言われています。合っていないブラジャーはバストの固定がしづらく、その分揺れの影響を受けやすくなる、と考えられます。

ワコール広報の方によると、「例えば最近ブームのジョギングでも、合っていないブラをつけて振動を与えると、バスト下垂の原因になります。お気をつけてくださいね。」とのこと。体型維持にがんばりたい女性の方は、一度生活習慣も含め、下着が正しくつけられているかをチェックしてみるのがよいかもしれませんね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。