食物アレルギーの検査については、「アトピー治療の常識・非常識 知ってなっとく!最新治療」でも詳しく説明しております。

食物アレルギーの問診

メモでの構いませんし、ノートなどに食べたものと症状を書いて残しておきましょう

メモでの構いませんし、ノートなどに食べたものと症状を書いて残しておきましょう

食物アレルギーの有無を知る第一歩は、どんな食事を食べて、どのような症状が出たかを把握すること。アレルギーを疑うような症状が出た場合は、必ず食べたものと症状をメモしておきましょう。特にアレルギーの原因として疑わしい食物については、食べた量、食べてから症状が出たときまでの時間、同じようなことがあったかどうかなどがメモのポイントになります。

食物アレルギーの血液検査

血液検査では、様々な情報を知ることができます。以下のような項目をチェックして、食物アレルギーかどうかを診断します。

■白血球
血液中の白血球の1種、好酸球や好塩基球が増えているかどうかを見ます。食物アレルギーの場合は増えていることが多いです。

■アレルギー検査
IgEというアレルギーを起こすタンパク質が血液中で増えていないかどうか、食物に反応するIgEが増えていないかどうかを見ます。IgE全体の値が高いとアレルギーを起こしやすいことになります。

■食物に反応するIgE
例えば、卵白に対するIgEが、0.7 IU/ml以上であれば、陽性となります。この数字は0.34~100 IU/mlまであって、数字が高いほど、症状がでやすいことがあります。数字によってスコアで分類しています。0~6まであって、0は陰性、1は疑陽性、2~は陽性となっています。

■HRT(ヒスタミン遊離試験)
試験の中で、食材と白血球を混ぜて、ヒスタミンをという物質が出るかどうかをみる検査で、現在、卵、牛乳、大豆、米、小麦で検査できます。ヒスタミンの値が高くなっている食材は、アレルギーを起こす可能性が高いという事になります。

食物アレルギーの皮膚検査

血液検査以外の検査法として、以下のような皮膚検査があります。

■スクラッチ、プリックテスト
原因となる食物の成分を皮膚につけて、針などで皮膚に傷をつけて、反応をみる検査です。蚊にかまれたような湿疹や赤くなったら陽性です。

■皮内テスト
原因となる食物を皮膚に注射で入れて、反応をみる検査です。蚊にかまれたような湿疹や赤くなったら陽性です。

■パッチテスト
原因となる食物を皮膚に貼り付けて、そのまま2日、または3日、様子を見ます。張り終わったときに、赤くなっていないどうか、腫れていないかどうかをみる検査です。

これらの検査は、体質としてアレルギーを起こす「可能性があるかどうか」を見る検査です。アレルギー検査で陽性であっても、必ずしも、食物アレルギーとして症状を起こすわけではありません。

そこで、重要になる検査が、除去試験と負荷試験です。

除去試験と負荷試験

■除去試験
原因と思われる食材を完全に2週間食べない状態にし、症状が治るかどうかを見る検査。原因となる食材については、上記の問診と検査である程度絞り込みます。この検査は改善するかどうかをみる検査なので、安心して受けられるのがメリット。一方で原因と思われる食材を完全に除去する必要があるので、食べるものが限られるのが難点。母乳を飲んでいる子供のアレルギー検査の場合は、母親も原因と思われる食材を摂らないようにします。

以上の検査を行うと、ある程度、原因となる食材が分かってきます。最終的に確実に検査する方法は、食物負荷試験です。

■負荷試験
原因と考えられる食材をあえて実際に食べ、症状が出るかを見る検査。アレルギー反応が出る可能性があるので、本人には負担のかかる検査です。食べる量を10分から15分ごとに増やし、30分から1時間にアレルギー症状が出てこないかどうかを注意しながら確認します。ショック状態になったり、喘鳴、蕁麻疹、意識がなくなったりするアナフィラキシーを起こすと大変なので、この検査は慎重に行う必要があります。食材に対するIgEが陽性でも負荷試験では大丈夫だったという場合もありますが、食材に対するIgEが高いと、負荷試験で陽性になることが多いので、本人への負担の大きい負荷試験は、医療機関でよく相談の上で行いましょう。 (参考 「アレルギー検査の方法

食物アレルギーの治療法

食物アレルギーの治療は、食物でアレルギーの症状が出ない時までその原因食材を除くことにあります。血液検査などを参考にアレルギー症状が出ないかどうかは負荷試験で確かめることになります。

■食物アレルギーの症状が出た場合は、
  • 抗ヒスタミン薬(蕁麻疹の原因になるヒスタミンを抑える薬)
  • 抗アレルギー薬(様々なアレルギーを起こす物質を抑える薬)
  • ステロイド薬
  • エピネフリン(血圧を上げる薬)
を使い、アレルギー症状を軽減、抑えていくことになります。アナフィラキシーが起こった時には、医療機関に早めに受診しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。