税務署はご自分の住所の管轄へ

申告者
一度覚えてしまえば難しくない?!来年は青色申告で
「千代田区とか港区の税務署に行ったほうがカッコよい気がするのですが、行ってもいいのでしょうか」とAさん。

いえいえ、あなたの自宅がある住所地等の所轄の税務署へ行ってください。引っ越された場合についても現在お住まいの住所の所轄の税務署での手続きになります。

税務署には、「確定申告」についての相談窓口も設置されていますので、怖がらずに足を運んでみてください。

領収書全て持って行ってきました

さて、Aさんですが、さっそくお住まいの管轄の税務署に行き、確定申告を行なってきたそうです。

「最初は、これ以上税金をとられたらどうしよう…なんて思っていました(笑)。私の場合、経費の方が報酬額よりかかっていたので、源泉徴収税額が還付されることになりました。
費用項目についてわからなかったので、経理明細のほかに整理した領収書を全て持っていきました。
税務署の方が、親切丁寧に教えてくれて、一緒に申告書を作成できたのでよかったです。来年からは一人でもできそうです」

今回のAさんは、白色申告で確定申告を行ないました。本当ならば、65万円の特別控除がある青色申告がお勧めなのですが、こちらは「正規の簿記による帳簿の記帳」が義務づけられており、なれるまでは少し難しいかもしれません。

青色申告で確定申告を行ないたい場合は「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。申請書を提出すると、無料で税理士より説明を受けられますので、こちらもぜひ挑戦してみてください!

2009年度の確定申告は、3月16日(月)まで。準備は早めに行いましょう。


■関連リンク
初心者でもできる!主婦ワーカーの確定申告
まるごと分かる!税金&法律知識
初めての 青色申告・確定申告
個人事業主・経営者の節税対策


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/6/1~2021/6/30まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

・【40歳以上限定】「相続と親の資産管理についてのアンケート」に回答する
抽選で20名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。