PowerPointで作成する資料に、他のソフトの画面をそのまま資料として貼り付けることがあります。たとえば、新しいシステムの概要を説明するプレゼンでは、システムの画面そのものを見せるとわかりやすさがアップします。また、最近は地図ソフトが発達しているので、スライドに地図を貼り付ける際にそういった地図ソフトや地図サイトを利用することもあるでしょう。

これまでは「PrintScreen」キーや専用の画面撮影ソフトを使って、パソコンの画面をコピーしていましたが、PowerPoint2010の「スクリーンショット」機能を使えば、他のソフトの画面をカメラのように撮影してスライドに貼り付けることができます。

Webサイトのページ全体を貼り付ける
 

ここでは、「スクリーンショット」機能を使って、Webサイトの地図をPowerPointのスライドに貼り付けてみましょう。

あらかじめ、ブラウザーを起動して貼り付けたい地図のサイトを表示しておきます。
他のソフトの画面を撮影するときは、目的のソフトを起動して撮影したい画面を表示しておく

他のソフトの画面を撮影するときは、目的のソフトを起動して撮影したい画面を表示しておく

準備ができたらPowerPointのスライドに切り替えて、「挿入」タブの「スクリーンショット」ボタンをクリックします。
「スクリーンショット」機能は、Word2010やExcel2010でも同じように操作できる

「スクリーンショット」機能は、Word2010やExcel2010でも同じように操作できる

すると、現在作業しているPowerPoint以外に開いているウィンドウの一覧が表示されます。この中から、スライドに貼り付けたいウィンドウ(ここでは左端のWebサイト)をクリックします。
PowerPointで複数のファイルを開いているときは、他のファイルも表示される

PowerPointで複数のファイルを開いているときは、他のファイルも表示される

たったこれだけの操作で、Webサイトのページ全体が画像としてスライドに貼り付けることができました。貼り付けた画像のサイズや位置を調整すれば完成です。
画像をクリックして「Delete」キーを押せば削除できる

画像をクリックして「Delete」キーを押せば削除できる

 

Webサイトの一部を貼り付ける

上記の方法では、地図だけを貼り付けたいにも関わらず、Webサイトの不要な部分まで貼り付いてしまいます。Webサイトの一部分を貼り付けたいときは、「挿入」タブの「スクリーンショット」ボタンから「画面の領域」をクリックします。
部分的に撮影したいときは「画面の領域」を選ぶ

部分的に撮影したいときは「画面の領域」を選ぶ

自動的に直前に表示していたウィンドウ(ここではWebサイトの地図のページ)に切り替わります。画面に白く薄い膜が張ったような状態になったら、スライドに貼り付けたい部分を囲むように左上から右下に向かってドラッグします。
ドラッグ操作を失敗したら、「スクリーンショット」ボタンから「画面の領域」を選ぶ操作からやり直す

ドラッグ操作を失敗したら、「スクリーンショット」ボタンから「画面の領域」を選ぶ操作からやり直す

マウスから手を離すと、自動的にPowerPointのスライドに切り替わり、ドラッグした部分が画像として貼り付いているのが確認できます。画像のサイズや位置を調整すれば完成です。
必要な部分だけを撮影できた。これなら後からトリミングする手間が省ける

必要な部分だけを撮影できた。これなら後からトリミングする手間が省ける

 

画像の加工も可能

PowerPointのスライドに貼り付けた画像は、イラストや写真などと同じように、「図ツール」の「書式」タブを使って自由に加工できます。
ここでは、「図のスタイル」グループの「その他」ボタンをクリックして画像が傾くスタイルを選んでいる

ここでは、「図のスタイル」グループの「その他」ボタンをクリックして画像が傾くスタイルを選んでいる

Webサイトの情報だけでなく、WordやExcelなどの他のソフトやWindowsのデスクトップ画面など、パソコンの画面に表示されるものはすべて「スクリーンショット」機能で撮影できます。ただし、Webサイトの情報には著作権や肖像権がありますので、サイトの注意書きをよく読んでから撮影するようにしましょう。



■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。