複数のスライドで構成されるプレゼン資料には、ページ番号(PowerPointではスライド番号と呼ぶ)を表示しておくのが一般的です。スライド番号があると、質疑応答の際や後から問い合わせをするときに、質問箇所を指摘しやすくなります。

多くの場合は「1」「2」「3」といったスライド番号ですが、「1/6」「2/6」「3/6」といったようにスライド番号に総スライド数を付与すると、全体のボリュームが把握できて便利です。

ただし、「挿入」タブにある「スライド番号」ボタンをクリックしただけでは総スライド数が表示されません。そこで、スライドの設計図となるスライドマスタ画面を使って「スライド番号/総スライド数」になるように指定します。
PowerPoint2003では、「挿入」メニューの「スライド番号」を選ぶが、これでは、総スライド数は表示されない

PowerPoint2003では、「挿入」メニューの「スライド番号」を選ぶが、これでは、総スライド数は表示されない

「スライドマスタ」画面に切り替える
 

スライドマスタ画面に切り替えるには、「表示」タブの「スライドマスタ」ボタンをクリックします。
PowerPoint2003では、「表示」メニューから「マスタ」→「スライドマスタ」を選ぶ

PowerPoint2003では、「表示」メニューから「マスタ」→「スライドマスタ」を選ぶ

スライドマスタ画面の左側には、スライドのレイアウトごとのマスタがいくつも並んでいます。特定のレイアウトだけの書式を設定することもできますが、すべてのレイアウトに共通した書式は一番上の少し大きめのマスタを使います。
PowerPoint2003では、左側に2種類のマスタが表示される。上側のマスタを使うと、すべてのスライドの書式をまとめて変更できる

PowerPoint2003では、左側に2種類のマスタが表示される。上側のマスタを使うと、すべてのスライドの書式をまとめて変更できる

マスタ画面をよく見ると、スライドの右上に「<#>」と表示されている箇所がありますね。「表示」タブの「スライドマスタ」ボタンをクリックしてスライド番号が表示されるように指定すると、デザインごとにあらかじめ決められた「<#>」の領域に連番の数字が自動的に挿入される仕組みです。「スライド番号」の指定をしない限り、この領域は空欄で表示されます。

なお、PowerPoint2007では、スライドに適用している「テーマ」によって、「<#>」が表示される位置が異なります。

今回は「<#>」の領域を使わずに、スライド上の好きな位置に「スライド番号/総スライド数」のスライド番号を表示してみます。