ヘッダー・フッターとは

ワークシートの印刷が複数ページになるとき、各ページに共通して日付などを印刷したい場合があります。そんなときに便利なのが「ヘッダー・フッター」です。ヘッダーを設定すると「ページの上部」、フッターを設定すると「ページの下部」に、共通の内容を印刷することができます。ヘッダー・フッターを変更すると、その内容が全ページに反映される点も大きな魅力といえるでしょう。
ヘッダー・フッター

ヘッダー・フッター




フッターを設定してみよう

ここでは、フッターの中央部分に「ページ数」を設定してみましょう。「ページレイアウト」タブの「ページ設定」グループの右下のボタンをクリックします。
「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループの右下のボタンをクリック

「ページレイアウト」タブ→「ページ設定」グループの右下のボタンをクリック


もし、「ファイル」タブ→「印刷」をクリックして印刷のBackstageビューを表示している場合は、画面下中央の左寄りにある「ページ設定」をクリックすると、「ページ設定」ダイアログボックスを表示できます。
画面下中央の左寄りにある「ページ設定」をクリック

画面下中央の左寄りにある「ページ設定」をクリック


Excel 2003以前の場合は、「ページ設定」ダイアログボックスを表示するには、「ファイル」メニュー→「ページ設定」をクリックしてください。
「ファイル」メニュー→「ページ設定」をクリック

「ファイル」メニュー→「ページ設定」をクリック



表示された「ページ設定」ダイアログボックスの「 ヘッダー/フッター」タブで、「フッターの編集」ボタンをクリックします。
「フッターの編集」ボタンをクリック

「フッターの編集」ボタンをクリック


Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


表示された「フッター」ダイアログボックスで「中央部」のボックス内をクリックし、左から2番目のボタンをクリックします。
「中央部」のボックスにページ番号を設定

「中央部」のボックスにページ番号を設定


Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


「中央部」に「&[ページ番号]」と表示されたことを確認して、「OK」ボタンをクリックします。
「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック


Excel2016での操作画面

Excel2016での操作画面


「ページ設定」ダイアログボックスのプレビューで、フッターにページ番号が表示されていることを確認して「OK」ボタンをクリックします。
「OK」ボタンをクリック

「OK」ボタンをクリック



これで、ワークシートを印刷すると、ページの下部にページ番号が印刷されるようになりました。なお、ヘッダー・フッターは「ワークシート単位」で設定します。もし、ブック内のすべてのワークシートのフッターにページ番号を印刷したい場合は、各ワークシートのフッターを設定する必要があります。
フッターにページ番号が設定された

フッターにページ番号が設定された




ヘッダー・フッターに設定できるその他の内容

ここでは、フッターを設定しましたが、ヘッダーを設定する場合も、同じ画面で設定できます。ヘッダー・フッターには、ページ数のほか、下図のような内容を設定できます。
ヘッダー・フッターに設定できるその他の内容

ヘッダー・フッターに設定できるその他の内容



さらに、各ボックスには文字を直接入力できるので、印刷したい文字を自由に設定することも可能です。
各ボックスには文字を直接入力できる

各ボックスには文字を直接入力できる



左端のボタンをクリックすると、「フォントの設定」ダイアログボックスが表示され、ヘッダー・フッターに設定した文字のフォントを設定できます。
「フォントの設定」ダイアログボックス

「フォントの設定」ダイアログボックス