最大の理想と幻想

■四位一体幻想
■四位一体幻想
多くの人は恋愛のゴールを結婚と考え、結婚すれば満たされたセックスと、子どもがセットで自動的に手に入ると盲目的に信じがちです。しかし、これこそが結婚における最大の理想であり、最大の幻想でしょう。「恋愛、結婚、セックス、生殖(子ども)、はそれぞれに独立した要素であるにも関わらず、一人に全てを求めようとする概念」を四位一体(よんみいったい)幻想と、私は名付けました。

四位一体幻想

この4つの要素の関係性を一つ一つ厳密に、検証してみましょう。

1【結婚 - 愛】:恋愛相手と結婚相手は別だと言う人もいます。好きでも、生活力がない相手とは結婚できないと、恋人と別れる人もいます。逆に、愛していなくても、条件を満たせば結婚できる人もいます。歴史的に見ても、愛によって結婚するのが主流になったのは、近代になってからで、当人の意思に関係なく、親や親族が結婚相手を決めた時代が長く続きました。

2【結婚 - 生殖】:結婚の最大の目的が、家制度の維持であった時代には、結婚に子どもは不可欠でした。「嫁して三年、子なきは去る」という言葉が存在したように、子どもができなければ離婚させられることもありました。あるいは、養子をしてでも後継ぎが必要でした。しかし、今はそうとは限りません。子どもが産まれたことで、夫婦の関係が深まる人もいれば、夫婦の関係が変化し、離婚のきっかけになる人もいます。