歩粉の写真
スコーンと季節のお菓子たち。ていねいに入れた紅茶とともに。至福のデザートフルセットは2100円。

不思議なもので、インターネット上でたくさんの人にお伝えしたいカフェがある一方で、逆に、「これは紙のページの上で、ひっそりと…」と感じるカフェもあります。どちらのタイプも素敵なカフェという点では違いがないのですが、お店の空気の手触りが掲載媒体を分けさせるのかもしれません。

恵比寿の小さな焼き菓子のお店、歩粉(ほこ)は、柔らかでマットな紙の感触とともにご紹介したいお店の代表のようなもの。初めて私が歩粉について書かせていただいたのは2008年、カフェで使われているうつわの魅力に焦点をあてた『カフェとうつわの旅~あたらしい和のかたち』(青山出版)の中でした。

歩粉の写真
お菓子はすべて店主の磯谷さんがひとりでこつこつと作っています。
さらに2010年の『東京カフェを旅する』(平凡社)では、歩粉の店主、磯谷さんの歩んでこられた物語についても綴らせていただきました。そのことで自分の中に少しほっとした気持ちが生まれたようで、インターネット上の記事として、皆さまとお店の魅力を共有したくなったのです。

すでにあの素晴らしいスコーンをご存じの方も多いことでしょうね。お伝えしたいのは、お店の単なるデータではない何か。以下は『東京カフェを旅する』に収録した歩粉のための文章です。


スコーンとビスコッティの幸福