真空技術をとことん活用したインテリ系

他社とは違う独自の真空技術を生かした圧力炊飯器は、ラインナップも充実

他社とは違う独自の真空技術を生かした圧力炊飯器は、ラインナップも充実

炊飯工程はもちろん、短時間で最適浸水を実現したり、炊き上がり後に余分な蒸気を飛ばしたり、長時間保温を可能にするなど、真空技術を随所で生かしているのはお見事。また、おいしいスピード炊飯「そくうま」コースや、操作パネルの使い勝手など、完成度の高い1台です。

 

お手入れ簡単でいつまでもキレイを維持

お手入れが必要なパーツは、内ぶたと蒸気口のふたつ。内釜周りのステンレスフレームはお手入れが楽

お手入れが必要なパーツは、内ぶたと蒸気口のふたつ。内釜周りのステンレスフレームはお手入れが楽

内ぶたと蒸気口は取り外して丸洗いをします。内ぶた中央のキャップが小さいので、外した時になくさないよう注意が必要ですが、いたって簡単なお手入れと言えます。内釜周りも、ステンレスのフラットな仕上げのため、汚れがつきにくく手入れがしやすいのでキレイな状態を保てます。

 


真空技術を炊飯器に活用した独自性と技術力

炊飯器に真空ポンプを搭載し、独自の炊飯方式を開発している

炊飯器に真空ポンプを搭載し、独自の炊飯方式を開発している

圧力炊飯ではあるものの、加圧だけでなく、負圧を利用した「真空技術」を活用しているのは東芝だけ。さらに、玄米の保温も可能にしたり、予約炊飯をよりおいしくするなど、本当の意味で日常生活での使いやすさを徹底的に追求している姿勢も、独自の路線と言えるでしょう。

 

コロンとしたキュープ型が親しみやすい

横から見てもボリューム感が少なく、小ぶりなキューブ型に見える

横から見てもボリューム感が少なく、小ぶりなキューブ型に見える

上から見ても横から見ても、ほぼ同じボリューム感のキューブ型に近い形状で、小ぶりに見えるデザイン。ボディカラーが黒でも、コロンとしているため親しみやすく、好感が持てます。汚れがつきにくい仕上げと、凸凹の少なさでお手入れが簡単なのもイイですね。

 


投資に見合った満足感が得られる1台

浸水・保温・予約時までもおいしく炊きあげる真空技術に加え、日々の使い勝手もよく、コンパクトで設置性もよしと、アベレージの高い炊飯器です。価格的にはやや高いと感じるかもしれませんが、投資に見合った満足感は得られます。もちもち派だけでなく、しゃっきり派でもOK!


【関連リンク】
東芝 炊飯器 真空圧力炊き RC-10VGD




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。