ASTM

ASTMマーク

アメリカの標準規格で、ベビーカーの場合はファブリックに難燃性の素材を使うことなどが定められている

ASTM (米国試験・材料協会)は世界最大級の民間規格制定機関で、あらゆる材料や製品、サービスに至るまでの規格を作成しています。標準試験方法、仕様、作業方法、ガイド、分類、用語集を作成し、出版していますが、ASTMの本部が技術研究施設や試験設備を持っている訳ではなく、実際の作業は世界各地のASTM メンバーによって自主的に行われています。

ベビーカーに関しては「ブレーキの要件」「シートとフットレストの負荷テスト」「安定性試験」「シートベルトの有効性」などが定められており、適合する規格によって「ASTM 833-05a米国安全基準適合」などの表記がなされます。


JPMA

JPMAマーク

主にアメリカで販売されるチャイルドシートや乗用玩具に取り付けられるマーク

JPMAは「The Juvenile Products Manufacturers Association, Inc.」幼児製品生産者協会)の略で、米国、カナダ、メキシコの幼児用製品を製造・輸入する会社を会員にもつ協会です。チャイルドシートや乗用玩具を中心として幅広い認証制度を設けており、その認証を受けた製品について、JPMA PASSED(米国幼児製品生産者協会標準規格合格)のマークが貼付されます。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。