口コミで人気! アップリカ スティックが新しくなった

ソリッド感のあるデザインが男性にも好評なスティック プラス

ソリッド感のあるデザインが男性にも好評なスティック プラス


ハイシートと折りたたみ時の自立機能、コンパクトさで爆発的なヒットとなったアップリカのスティック。限定モデルとして、取り外し可能なサンシェードが付いた「スティック プラス」が2011年2月25日に発売されました。機能性のみならず、鮮やかなカラーからも注目を浴びている同商品を、さっそく試してみました。なお、サンシェード以外の機能性は通常商品と同様ですので、普通のスティックの購入を検討されている方もぜひご参照ください。


スティックシリーズの特長は?

スティックの特長といえば、なんといっても地上高50cmというハイシート。とくに2010年は連日30度を大幅に上回る歴史的酷暑だったということもあり、ベビーカー上での暑さ対策に注目が集まりました。そんな中、「地面からの熱を、ハイシートによって守る」という新鮮な提案を打ち出したことで、大ヒットへとつながったのです。ハイシートは地熱から赤ちゃんを遠ざけるだけでなく、ハンドルの高さや赤ちゃんの乗せ降ろしのしやすさにも寄与します。しかしながら、従来のハイシートタイプのベビーカーは大きい、重い、折りたためない、自立しないなどの、都心部で使うには不便なことも多いものが多かったのです。

スティックは、これらの不満を一気に解消するどころか、折りたたみ方法の簡便化や自立性、折りたたみ時のコンパクトさでは頭抜けている感さえあります。バギータイプにも関わらず折りたたみ時は前後輪とも下部に収まり、フレームの端そのものがスタンド代わりとなる画期的なシステムにより、折りたたんだ状態は本当にコンパクトで安定しています。しかも慣れれば片手で開閉することも不可能ではありません。

まずはシリーズごとの機能の違いからご紹介します。

スティック プラス
カタログサイズ:W485×D855×H1075mm
折りたたみ時サイズ:W320×D260×H990
重量:5.9kg(サンシェード装着時)
対象年齢:首がすわってから~36ヶ月(体重15kg以下)
バスケット容量:耐荷重2.5kg
機能:着脱可能サンシェード、リクライニング角度110~140度、Wサーモメディカルシステムなど
付属品:立体メッシュクッション、ショルダーストラップなど
カラー:ブリランテレッド
価格:3万7800円

>> スティックシリーズのラインナップをチェック!