リフォーム工事中に気になることと言えば、ご近所への影響です。今回は、リフォーム工事中に起きた些細な事から、近隣トラブルに発展! 実際の事例からリフォーム中のご近所付き合いのポイントをご紹介します。

ご近所だから我慢している? リフォーム中の些細なことが近隣トラブルに

リフォーム中のささいなことが、積み重なって近隣トラブルに発展することも。ご近所だから言えないこともあります。

リフォーム中のささいなことが、積み重なって近隣トラブルに発展することも。ご近所だから言えないこともあります。

リフォーム工事中は、塗装の臭いや解体の騒音、ホコリなどの問題の他に、駐車の問題もあります。

リフォームは、小さな工事でも一度にたくさんの業者が入ることもあり、それぞれが1台ずつの車で来ることも少なくありません。

例えば浴室リフォーム。初日に現場監督、営業担当者、解体業者、電気業者、設備業者、木工業者、サッシの搬入などが重なることもあり、1日に7台の車が来たケースもあります。

ご近所がリフォームをしていれば、やはり気になるものです。しかし気になることがあっても、ご近所だから言い難い、我慢していることもあります。

小さなことでも積み重なれば、大きなトラブルに発展します。今回ご紹介するのは、1台の車が招いた近隣トラブル。親しい間柄だから大丈夫という油断が、お互いの心にしこりを残す結果になってしまった事例です。

 

自分だけが知らなかった! 近所の噂で近隣トラブルがあったことが発覚

「こういうことはお互い様」というのは、迷惑を掛けられた側が言うセリフです。

「こういうことはお互い様」というのは、迷惑を掛けられた側が言うセリフです。

リフォーム工事中のA子さん宅は、道路幅が広めにとられた新興住宅地にあり、工事の車はいつもA子さんの家の前に停められていました。

お向かいは、普段から仲のいいB子さんの家。B子さんの家のカーポートは、出入り口がA子さんの家側にあるので、工事の車はその出入り口から少しずらして停めていました。

A子さんが見たところ、B子さんのカーポートへの車の出し入れは問題なくできるように見えましたし、「何かあったら言ってくるだろう」「こういうことはお互い様だし」と思っていました。

そして工事は無事終了。ほっとひと息ついていたある日、ご近所からある噂を耳にしました。それは「A子さんの家のリフォーム工事のせいで、B子さんが車をぶつけて修理に出しているらしい」という噂だったのです。A子さんは寝耳に水で、びっくりしてB子さんの家を訪ねました。

 

次のページでは、ご近所だから難しい!お金では解決できないトラブル。事例から学ぶリフォーム工事中のご近所付き合いのポイントをご紹介します。