フタは小さく、中身は大きいスライド式の床下収納庫

中のボックスがスライドして大容量の収納ができる床下収納庫もあります。ボックスは連結式で、スライドさせることで2~3倍の収納が可能です。

床下収納庫でメンドウに感じるのがフタの開閉ですが、これなら1枚分のフタを開けるだけ。ボックスをスライドさせれば中身を探すのも簡単です。

大容量

ボックスをスライドさせる大容量の床下収納庫(LIXIL


高断熱・高気密用床下収納庫なら寒くない

床下収納庫を取り付けると、気になるのが地面からの冷えです。そんな時は、外気の侵入がしにくい寒冷地や高気密・高断熱住宅用には対策がされたタイプがお勧め。気密性が高いので、冷気やスキマ風を防いでくれます。ただしフタが厚くなる分、中の容積は少し小さくなります。

高性能収納

高断熱・高気密用床下収納庫。断熱内ブタが付いている(大建工業


床下の大空間を上手に活かして

床下収納庫を取り付けるだけでなく、和室の床下をコンクリート敷きにして、畳と下地板をめくると大型の収納スペースが現れる!というようなスケールの大きなアイデアもあります。様々なアイディアで床下の大空間を活かすリフォームを考えてみましょう。

収納リフォームの様々なアイデアは下記でリストにしてあります。どうぞご覧下さい。
【関連記事】

Copyright(c)2015 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。